こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

日本人が知らない高度な日本の宇宙開発技術力で 宇宙旅行は徐々に身近になってきているんです。

「月に行こうか、火星に行くか」。身近になる宇宙旅行

元・国際宇宙連盟会長 宙の会主宰

五代 富文 氏

ごだい とみふみ

五代 富文

ごだい とみふみ 1932年、東京生れ。東京大学工学部卒業、カリフォルニア工科大学大学院卒業。工学博士。富士精密工業−梶A航空宇宙技術研究所でロケット設計・研究・開発に従事。その後、宇宙開発事業団に転じ、H-−Uロケット開発を主導、大型国産ロケット路線を確立した。また、国際宇宙連盟(IAF)会長のほか、米航空宇宙学会(AIAA)理事を務めるなど国際的にも活躍。元宇宙開発事業団副理事長、前宇宙開発委員会委員。現在は宇宙政策シンクタンク「宙の会」を主宰している。近著に『日中宇宙戦争』(文芸春秋)、『ロケット開発・失敗の条件』(ベストセラーズ)、『国産ロケットH-−U・宇宙への挑戦』(徳間書店)、『月に行こうか、火星に行くか』(丸善)などがある。"

2006年10月号掲載


アポロ計画以来の本格的な月探査「セレーネ」

──先生は世界に誇る純国産ロケット「H-II」の生みの親でいらっしゃるそうですね。また、国際宇宙連盟会長や米航空宇宙学会の理事を務められるなど、国際的にも大変著名でいらっしゃいます。伺いたいことは山程あるのですが、本日は来年行なわれる月探査計画の話や、最近マスコミなどでもよく話題になる宇宙旅行について、お聞きしたいと思います。

日本の宇宙技術のレベルは相当高いということですが、月に探査機を送ることに成功したのは、アメリカ・ソビエトに次いで、日本が世界で三番目というのはあまり知られていないですね。

五代 そうなんです。日本は、1990年に科学衛星「ひてん」に搭載された小型衛星「はごろも」を月の周回軌道に投入することに成功しています。「ひてん」は宇宙技術に欠かせない複雑な軌道変換技術の実験を何回もこなしました。この技術は、1年前に小惑星「イトカワ」に着陸した探査機「はやぶさ」にも活かされているんです。

──来年7月には月周回衛星「セレーネ」が、先生の携わられたH-−Aロケットで打ち上げられる予定だそうで、世界からは大変な注目を集めているそうですね。

五代 これは、日本初の大型月探査機で、アポロ計画以来の最大規模かつ本格的な月の探査として、各国から注目されているものです。

打ち上げられるH-IIAロケット。宇宙への物資の運搬手段であると同時に、宇宙開発には欠かせないもの。2001年8月初めて試験飛行以来、9号機まで打ち上げられている。<出典:JAXA>
打ち上げられるH-IIAロケット。宇宙への物資の運搬手段であると同時に、宇宙開発には欠かせないもの。2001年8月初めて試験飛行以来、9号機まで打ち上げられている。<出典:JAXA>

──日本は「モノづくり」大国で宇宙技術を支える部品はほとんど日本で製造している。底辺産業といわれている部品製造一つとっても、世界最高水準の技術と聞きますから、きっと大成功間違いなし、と期待しています。

五代 ありがとうございます。おっしゃる通り、日本の先端技術のレベルは相当に高い。その意味で、セレーネは最高級の探査機だと思います。セレーネには14種類の最新観測装置に加え、ハイビジョンも搭載していますから、月面がよく見えて楽しみですよ。


近著紹介
『月に行こうか、火星に行くか』(丸善)
1 / 2 / 3 / 4     次へ

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ