こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

日本人が知らない高度な日本の宇宙開発技術力で 宇宙旅行は徐々に身近になってきているんです。

「月に行こうか、火星に行くか」。身近になる宇宙旅行

元・国際宇宙連盟会長 宙の会主宰

五代 富文 氏

ごだい とみふみ

五代 富文

ごだい とみふみ 1932年、東京生れ。東京大学工学部卒業、カリフォルニア工科大学大学院卒業。工学博士。富士精密工業−梶A航空宇宙技術研究所でロケット設計・研究・開発に従事。その後、宇宙開発事業団に転じ、H-−Uロケット開発を主導、大型国産ロケット路線を確立した。また、国際宇宙連盟(IAF)会長のほか、米航空宇宙学会(AIAA)理事を務めるなど国際的にも活躍。元宇宙開発事業団副理事長、前宇宙開発委員会委員。現在は宇宙政策シンクタンク「宙の会」を主宰している。近著に『日中宇宙戦争』(文芸春秋)、『ロケット開発・失敗の条件』(ベストセラーズ)、『国産ロケットH-−U・宇宙への挑戦』(徳間書店)、『月に行こうか、火星に行くか』(丸善)などがある。"

2006年10月号掲載


アポロ計画以来の本格的な月探査「セレーネ」

──先生は世界に誇る純国産ロケット「H-II」の生みの親でいらっしゃるそうですね。また、国際宇宙連盟会長や米航空宇宙学会の理事を務められるなど、国際的にも大変著名でいらっしゃいます。伺いたいことは山程あるのですが、本日は来年行なわれる月探査計画の話や、最近マスコミなどでもよく話題になる宇宙旅行について、お聞きしたいと思います。

日本の宇宙技術のレベルは相当高いということですが、月に探査機を送ることに成功したのは、アメリカ・ソビエトに次いで、日本が世界で三番目というのはあまり知られていないですね。

五代 そうなんです。日本は、1990年に科学衛星「ひてん」に搭載された小型衛星「はごろも」を月の周回軌道に投入することに成功しています。「ひてん」は宇宙技術に欠かせない複雑な軌道変換技術の実験を何回もこなしました。この技術は、1年前に小惑星「イトカワ」に着陸した探査機「はやぶさ」にも活かされているんです。

──来年7月には月周回衛星「セレーネ」が、先生の携わられたH-−Aロケットで打ち上げられる予定だそうで、世界からは大変な注目を集めているそうですね。

五代 これは、日本初の大型月探査機で、アポロ計画以来の最大規模かつ本格的な月の探査として、各国から注目されているものです。

打ち上げられるH-IIAロケット。宇宙への物資の運搬手段であると同時に、宇宙開発には欠かせないもの。2001年8月初めて試験飛行以来、9号機まで打ち上げられている。<出典:JAXA>
打ち上げられるH-IIAロケット。宇宙への物資の運搬手段であると同時に、宇宙開発には欠かせないもの。2001年8月初めて試験飛行以来、9号機まで打ち上げられている。<出典:JAXA>

──日本は「モノづくり」大国で宇宙技術を支える部品はほとんど日本で製造している。底辺産業といわれている部品製造一つとっても、世界最高水準の技術と聞きますから、きっと大成功間違いなし、と期待しています。

五代 ありがとうございます。おっしゃる通り、日本の先端技術のレベルは相当に高い。その意味で、セレーネは最高級の探査機だと思います。セレーネには14種類の最新観測装置に加え、ハイビジョンも搭載していますから、月面がよく見えて楽しみですよ。


月にはいろいろな可能性が。いずれは宇宙への拠点に?

──月探査の主たる目的はどういったことなのでしょうか?

五代 「月の起源と進化を探る」という科学的意義はもちろんですが、それ以外にも簡単にいえば、今後どのように「月を利用できるか」を調べるという目的もあります。月面基地をどこに建設するか、利用できる鉱物資源はどこにあるかなど、月開発にあたって基本的な課題を解決できるよう下地を作れればと思っています。具体的には地球から見えない月の裏側を観測したり、月面下の氷を見付けたり、鉱物資源の分布を求める、月面の立体地図を作るといったことです。

──ということは、月にある鉱物や元素、プラズマや電磁場なども調べたりするのですか?

月周回衛生SELENE(セレーネ)はアポロ計画以来の本格的な月探査機で、月上空から月全面を観察する。お茶の間のハイビジョンでは月周遊旅行や、青白い地球の姿も楽しめそうだ<出典:NASA>
月周回衛生SELENE(セレーネ)はアポロ計画以来の本格的な月探査機で、月上空から月全面を観察する。お茶の間のハイビジョンでは月周遊飛行や、青白い地球の姿も楽しめそうだ<出典:NASA>

五代 その通りです。地形や表面付近の地下構造、磁気異常、重力場の観測のほか、周回衛星に搭載した観測機器で、高エネルギー粒子など月周辺の環境計測も行なう予定です。

月面にはヘリウム3という物質が多くあることがすでに分っています。ヘリウム3は核融合の材料になる物質で、これは将来、重要なエネルギー資源になると期待されています。また、真空の月に天文台を設置すれば、それはそれは素晴らしいものになるでしょうね。月のクレーター底面には、電波も来ず、環境が安定していますからね。このように、月はさまざまな実用化が可能視されているんです。

──宇宙へ向かう前進基地としても利用ができそうですね。

五代 そうですね。アメリカは、火星へ行く前段階として、月に基地を作って、人が住んで・・・、といった計画もスタートさせました。

──もうそんなところまで・・・。


世界有数の技術をもつ日本。 しかし、出遅れている理由は・・・

──一方、日本は高度な技術があるにも関わらず、こと宇宙に関しては出遅れている感があるのは否めません・・・。何だかはがゆいですね。それに国民的関心も今一つのような気がしますし…。ところで、日本の宇宙関係の予算はどうなっているのでしょうか?

五代 これが…。例えばアメリカでは、NASAと国防総省からそれぞれ予算が出ていまして、合せると日本の30倍近い。ヨーロッパにしても、EUで共同開発をして、各国でもそれぞれ予算を立てて研究をしている、という状況です。

しかし、日本は宇宙に関する相当な科学技術を持っているにも関わらず、俗にいう縦割りで、予算に関しても各省庁の枠組を超えては出ません。宇宙に関する総合政策がないためです。

──縦割り、ですか。

五代 はい、残念ながら…。宇宙に関する、科学技術、産業、安全保障といったことを鑑みるには、枠組を超えた国家的な大政策が必要です。私は、とにかく戦略的な宇宙政策を立てて、横断的に連携することで、日本の宇宙開発・利用の将来像と宇宙産業のあるべき姿をまず決める必要があるのでは、と考えています。

現在、自民党の宇宙開発特別委員会で宇宙の法制・体制整備のための宇宙基本法策定の検討が進んでおり、おそらく次の国会で宇宙基本法が提出されると思います。

これでゆくゆくは日本の宇宙開発が、世界からも、そして一般の市民の方からも見直され、関心を持ってもらえるようになればいいのですが…。

──日本には宇宙で通用する科学技術が相当あるのに、政策がないがために技術のための技術開発になってしまうのはもったいないことですね。宇宙産業を支える高い技術力で、日本が発展するといいですね。


IT産業の次は宇宙産業。次々に企画される宇宙旅行ツアー

──今、宇宙産業として、有望視されているのはやはり通信衛星だとか、そういった分野ですか?

五代 そうですね。現段階ではそういった分野です。しかしもう一つ、宇宙を産業の場として身近なところで考えてみると、「宇宙旅行」もこれからの産業として非常に有望なのではないでしょうか。

──そういえば、先生は20年前から宇宙旅行は実現するとおっしゃっていましたね。

五代 ええ、やっと実現しました。

2004年にアメリカで世界初の民間宇宙旅行が成功し、宇宙旅行会社が設立されています。同社は2008年から宇宙旅行事業を始めるようで、開始から5年で3000名の旅行者を宇宙に送り出す予定だそうです。これまでもロシアのソユーズ宇宙船による本格的宇宙飛行は可能でしたが、費用は一人約22億円。これに対し、同社の予想旅費は2200万円といわれています。地球の縁への短期間の旅ですが、宇宙観光の敷居がグンと下がったことになりますね。ちなみに、宇宙旅行ビジネスは国際的に活況を呈してきて、他の会社でも宇宙旅行ツアーを開発、募集を始めています。すでにかなりの数の日本人が旅行代理店に予約をしているらしいですよ。

2年前に民間宇宙船スペースシップ・ワン号が100kmの地球の縁(へり)飛行に成功した。宇宙観光旅行が誰でもできる時代がグンと近付いた<出典:Scaled Composite>
2年前に民間宇宙船スペースシップ・ワン号が100kmの地球の縁(へり)飛行に成功した。宇宙観光旅行が誰でもできる時代がグンと近付いた
<出典:Scaled Composite>

──従前の費用からすると、百分の1になったわけですね。宇宙旅行に宇宙旅行ビジネス・・・。かつて、トーマス・クックが世界で初めて旅行会社をつくり、その後多くの人が旅行に出掛けるようになったように、値段さえ安くなれば、いずれ宇宙旅行ラッシュが起きるかもしれませんね。

五代 ええ。「宇宙産業」はIT産業に続く、次世代の産業となりつつあります。実際、アメリカでは、国際宇宙ステーションまでの物資や人の輸送を、ロケット開発から運営まで民間企業が行なう、ということを国が決めたところです。

──先生のご著書「月に行こうか、火星に行くか」でも、宇宙旅行が身近になってきたことが感じられて、これからが楽しみです。

当の日本人が意外と知らない、日本の宇宙開発技術のすばらしさを、私もこれからどんどんPRしていきたいと思います。

本日はどうもありがとうございました。


近著紹介
『月に行こうか、火星に行くか』(丸善)

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ