こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

人間が複雑な計算式から導き出した答えを、 『飛ぶ生物』達はよく解いているな、と感心します(笑)。

トンボから宇宙ロケットまで「空を飛ぶ」を科学する

東京大学名誉教授

東 昭 氏

あずま あきら

東 昭

1927年神奈川県生れ。53年東京大学工学部応用数学科卒業。工学博士。大学卒業後、川崎航空機工業蝓文宗川崎重工蝓砲貌社。59年マサチューセッツ工科大学客員研究員を経て、64年東京大学助教授に就任。84年にメリーランド大学客員教授、87年に航空・電子等技術審議会委員を務める。88年から東京大学名誉教授。ヘリコプターやロケットなどの設計を手掛ける傍ら、生物の運動を力学的に解明。著書に「生物・その素晴らしい動き」(86年、共立出版)、「航空工学」(89年、裳華房)、「航空を科学する」(95年、酣燈社)、「生物の動きの事典」(97年、朝倉書店)など多数。

2008年6月号掲載


トンボやツバメへの憧れから 飛行機の設計者へ


――先生は航空工学の分野において、大変な功績をたてられました。さらに、生物の飛翔の研究でも世界的に有名だと伺っております。そこで本日は、『空を飛ぶ』ことについてお聞かせください。


そもそも先生が「飛ぶ」ということに興味を持たれたきっかけは?


 私は子どもの頃、川崎市の多摩川の河原近くに住んでいて、トンボを捕るのに夢中になっており、特にギンヤンマのあの飛び方に憧れていたんです。それと、ツバメ。あのように飛んでみたいと、ずっと夢に描いていました。


――飛ぶ生物への憧れが、先生のすばらしい功績の原動力になったのでしょうね。実際、先生ご自身は空を飛ばれた経験はあるのですか。


 中学校の時に滑空部に入部して、練習用グライダーに乗っていました。パイロットを目指したこともあったのですが、近眼のため落とされてしまい・・・。

 

1952年、長野県諏訪市霧ケ峰において行なわれた、戦後第一回目の学連滑空訓練に参加する東氏〈写真提供:東 昭氏〉
1952年、長野県諏訪市霧ケ峰において行なわれた、戦後第一回目の学連滑空訓練に参加する東氏〈写真提供:東 昭氏〉


それならば飛行機の「設計」に携わろうと思って、大学卒業後、現在の川崎重工(株)に就職したのです。


――飛行機の設計に携わっていた先生が、その後、生物の飛翔について研究を始めたのはなぜですか。


 東京大学にいた時、われわれのグループはヘリコプターの回転翼に働く空気力を計算する「ローカル・モメンタム・セオリー(局所運動量理論)」という方式を考え出しました。


その理論が、ヘリコプターの回転翼だけでなく、魚の扇ぐ力であるとか、鳥の羽ばたく力の計算にも応用できると気付いたことが、それまでの生物の飛翔の研究に拍車を掛けました。

東氏が現在の川崎重工(株)在職中に開発に関与した、戦後初の国産全金属機「KAL-1」2号機。写真後方が東氏〈写真提供:東 昭氏〉
東氏が現在の川崎重工(株)在職中に開発に関与した、戦後初の国産全金属機「KAL-1」2号機。写真後方が東氏〈写真提供:東 昭氏〉

 

生物の飛翔のメカニズムはとても合理的


――具体的には、どのような生物についてご研究されたのですか。


1 / 2 / 3     次へ

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ