こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

これからは、太陽電池の時代。 環境のためにも電気自動車の普及が重要になります。

環境にやさしい時速370kmの電気自動車「エリーカ」

慶應義塾大学環境情報学部教授

清水 浩 氏

しみず ひろし

清水 浩

1947年、宮城県生れ。東北大学工学部博士課程修了。76年、国立環境研究所(旧国立公害研究所)入所。82年、アメリカ・コロラド州立大学留学。その後、国立公害研究所地域計画研究室長、国立環境研究所地域環境研究グループ総合研究官を経て、現在、慶應義塾大学環境情報学部教授。環境問題の解析と対策技術についての研究(電気自動車開発、環境技術データベース開発)に従事。国立環境研究所時代から電気自動車の研究開発を始め、27年間で7台の試作車開発に携わり、2004年、「Eliica(エリーカ)」の実現に至る。現在、「エリーカ」市販に向けて研究を進めている。著書に『電気自動車のすべて』(日刊工業新聞社)、『温暖化防止のために 一科学者からアル・ゴア氏への提言』(ランダムハウス講談社)他。

2008年7月号掲載


走りの安定化や車内空間拡大に成功


──先生が開発された電気自動車「Eliica(エリーカ)」は、時速370劼箸い世界最速のスピードを実現し、すばらしい燃費で大きな注目を集めています。また、小泉純一郎元首相が試乗され、その走りを絶賛されたことはマスコミにも取り上げられ話題になりました。


電気自動車は環境には優しいものの、スピードは遅いというイメージがありましたが、エリーカには当てはまりませんね。


清水 ええ。見た目にもこだわって、スポーツカーのようにスタイリッシュなデザインにしました。


家庭の電源で約5時間で満充電になり、1回の充電で300kmを走れます。排気ガスを出さず、騒音もない、究極のエコカーです。

走行中の「エリーカ」。電気自動車では世界最速となる、370kmのスピードを持つ<写真提供:清水 浩氏>
走行中の「エリーカ」。電気自動車では世界最速となる、370kmのスピードを持つ<写真提供:清水 浩氏>

──どんなところが、従来の自動車と違うのでしょう。


清水 まず一つは、トランスミッション(変速機)やプロペラシャフトなど、ある意味での無駄な動力伝達装置がないことです。


また、エリーカの車輪は8つになっており、中にはモーターが付いています。直接ホイールを回すので摩擦抵抗が少なく、急カーブでのスピンも最小限に抑えられ、悪路でも安全に運転することができます。


──なぜ8輪に?


近著紹介
『温暖化防止のために―科学者からアル・ゴア氏への提言』(ランダムハウス講談社)
近況報告

※清水 浩先生は、2013年3月に慶應義塾大学環境情報学部教授を退職されました(編集部)

1 / 2 / 3     次へ

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ