こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

抗生物質が効かない細菌(耐性菌)が出てきました。 しかもそれはどんどん増大しています。

抗生物質が効かなくなる−耐性菌の恐怖

日本歯科大学微生物学教室教授

吉川 昌之介 氏

よしかわ しょうのすけ

吉川 昌之介

1934年大阪生れ。59年、東京大学医学部医学科卒業、64年、同大学院生物学研究科博士課程修了(細菌学専攻) 。東大医科学研究所入所。助手、助教授を経て82年より教授(細菌研究部長)。95年より現職。専攻は細菌学、 分子遺伝学。主な編著書に「細菌の病原性−その分子遺伝学」(84年、丸善)、「遺伝子からみた細菌の病原性」 (89年、菜根出版)、「医科細菌学」(89年、南江堂、95年改訂)、「細菌の逆襲」(95年、中公新書)、等がある。日本細菌学会評議委員、日本感染症学会会員。

1995年9月号掲載


細菌感染症は実は減少していない

──細菌感染症、俗に伝染病と言われる病気は、人類の科学の力ですでに克服したと思っていましたが、先生の著書「細菌の逆襲」を拝読しますと、必ずしもそうとは言い切れないようですね。

吉川 確かに抗生物質ができてから、一般の人はもちろん、医者までもが、細菌感染症は完全に治せると考えるようになりました。それは例えば日本など医療先進国では、少なくとも当初は事実だったわけで、伝染病はほとんどなくなりました。しかし、近年になって、なんと細菌が抗生物質に対する耐性能力を持つようになってきたんです。つまり抗生物質が効かなくなるという状況が出てきたのです。

一方、グローバルに見ますと、発展途上国を中心に、細菌感染症は依然猛威を振るっているというのも現実です。例えば、コレラはここにきて記録破りと言っていいくらいの患者数が出ていますし、結核も感染者数は一世紀前よりも今の方が多いんです。

──地球規模で見れば、なくなるどころか、むしろ増加しているんですね。

ところで、抗生物質が効かなくなってきたというのはどういうことですか。

吉川 おおきくわけて2つの要因があります。

まず一つめは、細菌が持っている染色体の変化によるものです。

そもそも細菌というものにも、生きていくために必要な仕組みというものがあります。この仕組みの設計図とも言うべき遺伝情報が細菌の染色体の上に乗っているわけで、その仕組みを壊すのが、本来の抗生物質の役割なんです。ところが、細菌が遺伝情報を変えてしまうため、それまでの抗生物質では歯が立たなくなるんです。

──遺伝情報をどうやって変えるんですか。

吉川 ご存知のように、細菌の繁殖スピードというのは極めて速い。一匹の細菌は、翌日には10の8乗というようなものすごい数になってしまいます。その中に変り者は簡単に出るんです。個体数が多い分だけ、率は低くても間違いなく出て来る。その変り者の中に極めて少数でも、ある薬が効かない菌が出れば、それが生き残ってバーット拡がっていくことになります。

──人間の研究スピードじゃ、とても追い付きませんね。


近著紹介
ベストセラーとなった吉川氏の著書『細菌の逆襲』(中央公論社)
近況報告

日本細菌学会理事長就任。本対談の翌年、O-157が流行したが、著書『細菌の逆襲』(ph3)および本対談において、すでにその危険性を予告していたことは注目に値する。

1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ