こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

小さな気付きから大きな発見を導き出す。 それこそ考古学の醍醐味

邪馬台国は畿内にあり

大阪大学大学院文学研究科教授

福永 伸哉 氏

ふくなが しんや

福永 伸哉

1959年広島県生まれ。大阪大学文学部史学科卒業、大阪大学大学院文学研究科博士後期課程に学ぶ。文学博士。大阪大学埋蔵文化財調査室助手、大阪大学文学部助教授、大阪大学大学院文学研究科助教授を経て、2005年より現職。国や地方自治体の文化財関係の委員も務める。主な研究テーマは、三角縁神獣鏡、前方後円墳などに関するもので、弥生時代・古墳時代の歴史を、中国や朝鮮半島を含めた東アジアの歴史動向の中で再構築することを目指している。著書は『シンポジウム三角縁神獣鏡』(編著・学生社)、『邪馬台国から大和政権へ』(大阪大学出版会)など多数。

2014年9月号掲載


「そこに卑弥呼はいた」。強大な権力の証を見つける

──先生のご専門は、弥生から古墳時代にかけての研究と伺っています。特にその時代の謎として誰もが関心を持つテーマが邪馬台国の所在地。私も先生のご著書『邪馬台国から大和政権へ』を興味深く拝読させていただきました。それにしても考古学というのは、綿密な調査の上で物証や文献から推理を組み立てていく…まるで名探偵が犯人を追いつめていくかのようですね。

福永 名探偵は最後には犯人を当てますが、考古学ではそう簡単にいきません(笑)。ただ、邪馬台国に関しては、もともと九州説と畿内(近畿)説があったのですが、最近の研究により、畿内説が有力視されるようになってきています。

──ほう。畿内説の根拠となるものは何ですか?

福永 そこに3世紀前半ごろ、強大な権力があったことが、近年の調査・研究で明らかになったことです。

 ──物的証拠としては、具体的には?

福永 まず、「鉄」です。鉄は古代では刃物の原料となる貴重な金属でしたから、たくさんあった場所には当然、大きな権力があったと推定できます。以前は九州の勢力が大陸からの鉄の流通ルートを支配していたというのが定説でしたが、20年ほど前に、開発に伴う京都府北部の発掘調査から鉄がたくさん出土する遺跡が見つかったのです。これによって日本海側の北近畿から大阪平野方面へかけての北回りの流通ルートが存在し、畿内勢力も相当量の鉄を握っていたことが分かりました。

──それは大発見ですね!

福永 はい。さらにその上、当時の権力のシンボルとなった、「三角縁神獣鏡」が一番多く出土しているのが奈良盆地を中心とする近畿地方であることも有力な根拠と考えられます。

sankaku
三角縁神獣鏡。長寿、子孫繁栄などの吉祥句の銘文が刻まれている。直径24僉⊇杜面1.3圈匱命芯鷆 福永伸哉氏〉

──権力のシンボルですか。三角縁神獣鏡とは、どのようなものでしょうか?

福永 中国の不老長寿などの神仙思想が織り込まれた鏡です。『魏志倭人伝』には中国の魏の皇帝が卑弥呼に鏡を100枚与えたと書かれており、それによって、卑弥呼が当時の最高権力者であったと考えられているのです。

──権力のシンボルが「鏡」だったと…?


近著紹介
『邪馬台国から大和政権へ』(大阪大学出版会)
1 / 2 / 3 / 4     次へ

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ