こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

平安女性に興味を持ってみると、 『新しい』歴史がみえてきます。

権力を発揮していた平安の女性達。性差を越えた、歴史の見方とは

埼玉学園大学人間学部教授

服藤 早苗 氏

ふくとう さなえ

服藤 早苗

1947年愛媛県生れ。71年横浜国立大学教育学部卒業後、小学校教諭を経て、77年東京教育大学文学部卒業、80年お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了、86年東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。文学博士。2001年より、埼玉学園大学人間学部教授、09年4月より同学部長。平安時代を中心とした家族史と女性史をメインに研究をしている。著書・編著に『女と子どもの王朝史―後宮・儀礼・縁』(森話社)、『平安王朝社会のジェンダー― 家・王権・性愛』(校倉書房)、『歴史のなかの皇女たち』(小学館)など多数。91年『家成立史の研究』『平安朝の母と子』で、第六回女性史青山なを賞(東京女子大学女性学研究所)受賞。

2009年4月号掲載


平安時代から始まった 日本の男女差別



──先生は日本の女性史を専門にご研究されていると伺っております。その一環で、家の成立の歴史や王朝史などたくさんのご著書を執筆されています。

そもそも、先生が女性史に興味を持たれたきっかけは何だったのですか?


服藤 私は大学卒業後、しばらく小学校の教員として教壇に立っていました。その中で、能力を持った女性教員が、男性教員と対等に役割分担されていないことに疑問を持ったのです。そのことを抗議したところ、校長先生からは「女性がやりたがらないからだ」といわれました。


その時、男女が不平等なのは社会システムの影響と同時に、女性自身にも問題があるのではないかと感じたのです。そこで、まず女性の意識を変えなければと考え、大学に入り直して女性史の研究を始めました。


──現在では女性の校長先生なども多くみられるようになりましたが、当時はまだ稀だったのでしょうね。


ところで、先生は女性史の中でも平安時代をメインにご研究されていますが、その時代を選んだ理由は?


服藤 ドイツの思想家エンゲルスの著書『家族・私有財産・国家の起源』によると、男女差別は国家が成立すると同時に発生するそうです。しかし、日本において男女差別が始まったのは、国家が成立してしばらく経った平安時代から。これは、世界的にみて非常に珍しいことなのです。

──確かに、有名な持統天皇をはじめ、日本では国家が成立してからもたくさんの女性の天皇がおられました。一方、中国に目を向けると、女帝は武周王朝を建てた則天武后ただ一人ですね。


服藤 おっしゃる通りです。古代の日本には、6人8代の女帝がいます。さらに、彼女達は男帝に劣ることのない政治力を発揮していた、というのが最近の通説になっています。


それなのに、平安時代を境に女性の天皇がぱったりと途絶えてしまっている。そこで平安時代に興味を持ち、研究を始めたのです。

 


埼玉学園大学の公開講座で、女性史をテーマに講演する服藤氏。幅広い年齢層の受講生が参加する人気の高い講座で、多くの受講生から好評を得ているという〈写真提供:服藤早苗氏〉

埼玉学園大学の公開講座で、女性史をテーマに講演する服藤氏。幅広い年齢層の受講生が参加する人気の高い講座で、多くの受講生から好評を得ているという〈写真提供:服藤早苗氏〉

国母として権力を発揮した 平安時代の女性達

──女性の天皇が認められなくなったのは、明治時代に定められた「旧皇室典範」からですよね。それなのに、平安時代から江戸時代まで、女性の天皇が二人しか現れなかったのはなぜなのでしょう。



服藤 そのお話をするには、少し歴史を遡る必要があります。奈良時代に中国から律令が入り、日本はそれをお手本に法律を作りました。中国の律令では皇帝は男性しか認めていないのですが、日本では「女性の天皇の子どもも同じ」という一文をわざわざ追加し、女帝も認めたのです。

──それは知りませんでした。そうした意味では日本はずいぶんとひらけていたのですね。


服藤 そうなんです。古代の日本は性別にとらわれていなかった、ということが定説化されつつあります。しかし、平安時代からは女性が政治の場に出ることができなくなりました。


とはいえ、女性の力が衰えたわけではありません。平安時代は摂関政治の全盛期ですよね。天皇の母親である「国母」は、政治の表舞台に出られなくなった代わりに、父や兄弟を摂関として代行させていたのです。

──つまり、平安時代の女性は表舞台にこそ登場しないものの、裏でかなりの権力を持って国をコントロールしていたわけですね。


服藤 賢女として有名な藤原道長の娘・彰子は、4人もの天皇を補佐するなど、国母としての権限を遺憾なく発揮していました。


鎌倉時代に登場する北条政子も、夫である源頼朝が亡くなった後に擁立された若い将軍の後見となって活躍しました。母親が強いという歴史の流れは、その後も続いていたわけです。

──なるほど。しかし、なぜ女性が政治の表舞台に出られなくなったのでしょう。



服藤 平安時代あたりから結婚が社会制度として整いはじめ、「家」という観念が生れました。この頃の貴族の「家」は、今でいう「会社」みたいなもの。というのも、貴族の家には女房をはじめ、大勢の人が住んでいました。道長の家には、実に200人以上もの人が住んでいたといわれています。


そこで、女性は政治の場である「朝廷」ではなく、「家」という会社を支える副社長や専務として腕を振るうようになったのです。事実、鎌倉初期までは、夫が亡くなると財産はすべて残された妻が一括相続していました。

──表向きの歴史では男性が日本の政治を支えていましたが、それを下支えする家の管理、財産運用などは女性が担当していた。男女分業が始まり、だんだんと男女差別の意識も生れ始めてきたのですね。

身近なところから活かせる 女性史研究

──先生のご著書を拝読すると、平安時代にもたくさんの女性が活躍していたのだと気付かされます。しかし、そうしたことは歴史ではあまりいわれていませんね。


服藤 それは、今までの研究者達が男性の権力のみに注目し、男性の史料しかピックアップしてこなかったからです。『古事記』や『日本書紀』、『風土記』には女性が活躍したエピソードがたくさん描かれているのに・・・。

今まで男性目線で研究されてきた歴史を、女性の視点で異なる分析をすれば、いくらでも新しい発見があると思います。

──先生のご研究は、歴史全体の流れを補完し、歴史の見方を変えるきっかけにもなりますね。


服藤 最近の調査では、古墳に埋められた男女の数は、ほぼ同数だということが分ってきたそうです。反対に、卑弥呼に代表されるシャーマン(覚醒することで、神や霊と交信できるとされた人)は女性だけだと考えられてきたのですが、実は壬申の乱に男性のシャーマンが登場している場面が描かれているのです。

──歴史は先入観にとらわれず、フラットな視点でみることが重要だと。今までは狠棒の政治史瓩いΩ把蟯冉阿芭鮖砲鬚箸蕕┐討い辛潮があったのですね。


服藤 そうです。先入観にとらわれ、長い時間を掛けて伝統的につくられた歴史は、新しい伝統によって変えていけばいいのだと思います。変えていく力は学ぶ力であって、学んだことは活かしていかないといけません。
そして女性史の良いところは、学んだことを身近で発揮できることにあるんですよ。

奈良県・山上ヶ岳にある女人結界石前での一枚
服藤氏が主催する女性史愛好者の会「服朗会」では、女性史に縁のある地を年に3回程度訪れている。2007年9月に訪れた、奈良県・山上ヶ岳にある女人結 界石前での一枚。女人結界とは、聖地や霊場において、女性が一定の結界に立ち入ることを禁止した領域のこと。山上ヶ岳自体は現在でも女人禁制が維持されて いる〈写真提供:服藤早苗氏〉


──と、いいますと?



服藤 普段の生活から変えていけばいいわけです。私はよく周りの女性に「まず夫から変えなさい」といっています(笑)。夫にお茶を淹れてもらいなさい。その代わりに「美味しい」って誉めてあげるんですよ、と・・・。

──なるほど(笑)。身近にいる人の意識から変えていくことが、女性史の第一歩だということですね。


服藤 私の周りにも、いまだに歴史的につくられた性役割分担にとらわれて生きている女性がいますので・・・。また、日本史の研究者は圧倒的に男性が多いので、女性の研究者を増やしていくことも今後の課題です。

98年8月に訪れた熊野古道。平安時代後期には、女院や上皇とともに多くの女房が “熊野詣で”に参加していた。女房たちは往復1か月余の行程のうち、行きは徒歩だったという〈写真提供:服藤早苗氏〉
 
98年8月に訪れた熊野古道。平安時代後期には、女院や上皇とともに多くの女房が “熊野詣で”に参加していた。女房たちは往復1か月余の行程のうち、行きは徒歩だったという〈写真提供:服藤早苗氏〉


──多くの女性が研究することで、研究の幅の広がりも期待できそうです。女性史の研究に限らず、さまざまな学問を女性の視点から研究していけるようになるといいですね。


服藤 はい。研究というのは、歴史に限らず、現在の問題点を常に意識しなくてはなりません。日々のニュースや書物に常にアンテナをはりめぐらせると、新しい分析の視点を得ることができます。その視点で新しい研究を行なうことで、先人の歴史から現代の問題を解決するための知恵を学びとることができるのです。

──今後も先生の視点から、男女の性差を超えた素晴らしい発見が生れそうですね。

今後いっそうのご活躍を期待しています。本日はありがとうございました。


近著紹介
『平安朝 女の生き方 輝いた女性たち』(小学館)
近況報告

服藤早苗先生が、『平安朝の父と子』を上梓されました。『平安朝の母と子』『平安朝の女と男』に続く三部作の完結篇で、「御堂関日記」や「小右記」など貴族の日記や説話から、平安時代における父と子供の関わりを考察されています。


サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ