こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

日本の仏教は時代とともにダイナミックに変ってきました。 「仏教=葬式」のイメージも変っていくと思います。

時代とともに変る「仏教=葬式」のイメージ

山形大学人文学部教授

松尾 剛次 氏

まつお けんじ

松尾 剛次

1954年長崎県生れ。77年東京大学文学部国史学科卒業、81年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、94年同大学院人文科学研究科より博士(文学)授与。山形大学講師、助教授を経て現職。山形大学都市・地域学研究所所長兼務。日本宗教学会理事。日本仏教綜合研究学会初代会長、東京大学COE特任教授、ニューヨーク州立大学オーバニー校東アジア研究学部客員教授なども務めた。現在は、官僧・遁世僧研究を基点に、中世日本宗教史の見直しを行なっている。著書に『鎌倉新仏教の誕生』(講談社現代新書)、『仏教入門』(岩波書店)、『破戒と男色の仏教史』(平凡社)、『中世律宗と死の文化』(吉川弘文館)、『葬式仏教の誕生』(平凡社新書)など多数。

2012年2月号掲載


「奇跡」の話がきっかけで、
仏教への関心が高まった

──先生は日本仏教史の第一人者で、特に鎌倉仏教がご専門だと伺っております。
私達が学校で習った当時の仏教といえば、法然や親鸞の浄土信仰や、禅宗、日蓮宗などが思い浮かびますが、そもそも先生がこうした研究を始めようと思われたきっかけは?


松尾 私は大学時代、主に中世史を専攻していたのですが、4年生の時、ゼミの教授にあるテーマで卒論を書かないかと勧められ、それで手にした資料を読んで仏教に関心を持ったのです。


──それは、どのような内容だったのですか?


松尾 戒律を重んじた律宗の僧、「忍性(にんしょう)」が起こした奇跡の話です。
当時の仏教は、「穢れ(けがれ)」を忌み嫌っており、特に死体に触れたり、葬送、墓の発掘などに携わった人間は、30日間、神事や参内などを慎む程でした。しかし忍性は、非常に穢れた存在と考えられていたハンセン病など重病患者の救済活動を積極的に行ない、多くの患者を治癒するという奇跡を起こし、「生き仏」と崇められたのです。


──何より避けるべき「穢れ」を避けることなく、逆に、慈悲深く、救済に努めたわけですね。あえてタブーに立ち向かうというのは、とても勇気が必要なことだったでしょう。


松尾 そうですね。彼を支えていたのは、「清浄の戒は汚染なし」という信念でした。それは、厳しい戒律を守っていれば、社会的な救済活動はもとより、穢れからも守ってくれるという論理だったのです。事実、忍性は20年間で5万7000人を介護し、そのうちの4万6000人の命を救ったという奇跡の記録があります。しかし実際には、そうした人々の多くは重病などではなく、栄養失調や環境の悪さから皮膚病などに罹っていたに過ぎなかったのかもしれません。


──十分な食事を与え、薬湯風呂に入れるなどによって治癒できたのは、今考えてみると当り前のことですが、当時の人々には「奇跡」と感じられたのでしょうね。

 

(写真左)額安寺(奈良県大和郡山市)の巨大五輪塔、総高は2.95m。律宗の僧が建立したもので、全国に60基以上ある。(写真右)五輪塔の下から出てきた忍性の骨蔵器。五輪塔の下、土台石および江戸時代に置かれた地覆石の下にある、1辺1.1mのほぼ正方形に近い深さ0.9mの穴に納められていた〈写真提供:松尾剛次氏〉

人間誰しもが
「送りたい」「送られたい」と願う

──ところで、先生は多数の著書を出版されていますが、最近では『葬式仏教の誕生』が話題となりました。とても興味深く拝読させていただきましたが、なぜ「葬式仏教」をテーマにしようと思われたのですか?

 


松尾 現代の日本の仏教者、特に僧侶は、葬式と法事を理由に高い戒名料や葬儀代を取り、本来するべき人々の救済願望に応えるという役割を果たしていないのではないだろうか・・・という意味合いを込めて「葬式仏教」という言葉を使っています。
その一方で、葬儀というのは「送りたい」「送られたい」と願う人間の根源的な欲求に応える重要な儀式だと考えています。そこで、葬式仏教成立の歴史を振り返りながら今一度、僧侶のあり方や葬儀の意義を明らかにしたいと思ったのです。

 


──確かに、人間は誰しも、死んだ後「あの世へ往けたら」と思っています。だから、儀式を行なうことで、送る者、そして往く者の気持ちが安らかになる。それを実現するための神聖なものが葬儀なんでしょうね。
では、「穢れ」を忌み嫌っていた僧が葬式に従事するようになったのは、どういった経緯だったのでしょうか。


松尾 古代の僧は、基本的には「官僧」、いわゆる官僚僧で、鎮護国家の祈祷に従事するのを第一義とし、穢れの忌避が義務付けられていました。しかし鎌倉時代、そうした官僧世界を離脱した「遁世僧(とんせいそう)」が登場し、彼らにより新しい仏教が開かれるとともに、それまでの戒律に縛られず、葬式を行なうようになり、急速に庶民と結び付いていったのです。


──僧侶が葬式に携わることは、歴史的に革命的な出来事だったんですね。とはいえ、先程も申し上げました通り、人には葬儀に対する思い入れがありますから、葬式と、極楽浄土や成仏などを説く仏教とが結び付いたのは、自然なことのように思います。


松尾 そうですね。
また、忍性ら律僧たちは「斎戒衆」という組織を作り、彼らに葬送や重病患者救済など、穢れに関わる行事の実務を専門的に行なわせました。いわば、葬儀の支援者(現在でいう葬儀社)といったところでしょうか。
その後、遁世僧らの手によって、死者の極楽往生と成仏を具現化するために「板碑」や「五輪塔」が建立され、そこへ詣でる習慣が始まります。
江戸時代には、キリシタンではないことを調査する宗門改めが徹底して行なわれ、寺院にそれを証明させる寺請制度ができました。日本人は原則として仏教徒とされ、それぞれが寺の固定的な檀家に置かれる檀家制度が確立、そのようにして、葬式仏教が定着していったのです。

(写真左)東北大学の植物園の中にある2つの板碑(仙台市青葉区)。右側の板碑は1302年5月14日付けの銘文を有する4m近くの巨大板碑。左側は、1287年2月の185.8僂梁膺兇蠅糧槌蝓(写真右)宇治川の中州に建つ宇治浮島十三重層塔(京都府宇治市)。高さ約15m、現存する日本最大・最古の石塔。奈良西大寺の高僧・叡尊が、宇治川での殺生の罪を戒めるための供養塔として建立した〈写真提供:松尾剛次氏〉

暮らしに根差した
「生活仏教」へ

──古今東西を問わず、人々は昔から何らかの形で葬送や葬儀を行なってきました。しかし最近は、「寺での葬式はいらない」といった風潮が見られるのも事実です。今後、日本仏教はどうあるべきだとお考えですか?

 


 

松尾 人々の暮らしに根差した「生活仏教」へ変っていかなくてはならないと考えています。私がアメリカの大学で教鞭をとっていた頃、困った時にはまず教会へ行くと良いといわれました。実際に行ってみると、信者であるなしにかかわらず、住まいや地域の情報について事細かに教えてくれ、とても助かったことを覚えています。

──つまり、アメリカでは教会が地域の情報ターミナルであり、救済センターの役割を果たしていたということですね。


松尾 そうなんです。実は、日本には約7万6000もの寺院があります。その数は、コンビニエンスストアよりも多いんですよ。コンビニがわれわれの需要に応え、生活の役に立っているように、地域に数多く存在する寺院も、アメリカの教会のような、地域に根差した「生活相談所」になるべきではないかと思うのです。もしそれが実現すれば、少なくとも孤独死や無縁死はなくなっていくのではないでしょうか。


──そういえば、東日本大震災の被災者の中にも、きちんとした葬儀を望む人が多かったと聞きました。それに応えるべく、たくさんの僧侶がボランティアに駆け付けたのだとか。

律宗の僧「忍性」。87歳で死去した忍性は、鎌倉極楽寺の西畔で火葬された後、その遺言によって、遺骨は三分割され、極楽寺と竹林寺、額安寺に葬られた〈写真提供:称名寺〉

松尾 はい。大地震や津波によって寺や墓がなくなり、葬式が間に合ないため仮埋葬したのですが、やはりもっときちんと行なってほしいという声が絶えなかったそうです。多くの死に向き合ったことで、日本人はきっと、葬儀の重要性を実感したことでしょう。
かつての寺院は、地域民衆の救済センターであり、中心的存在としてさまざまな活動に携わっていました。もちろん、葬儀や法事も大切なことですが、今を悩みながら生きている人々の救済願望に応えるという役割も、もっともっとあっていいのではないか、そういう努力も必要ではないかと思います。

──6世紀、中国から渡来した仏教は、時代に適応しながらどんどん変化を遂げています。これからも変っていくと思いますが、地域の人々から頼られる存在として変っていくといいですね。
本日はありがとうございました。


近著紹介
『葬式仏教の誕生』(平凡社新書)

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ