こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

幕府の「三貨制度」と、藩の「藩札」。 これらが併存する特殊な貨幣制度こそが、江戸経済の原動力でした。

江戸経済を支えた特殊な貨幣制度

松山大学経済学部経済学科教授

岩橋 勝 氏

いわはし まさる

岩橋 勝

1941年愛知県生れ。64年滋賀大学経済学部経済学科卒業、64年〜67年大阪大学大学院経済学研究科博士課程中退。68年〜69年大阪大学経済学部助手、69年〜71年松山商科大学(松山大学)経済学部講師、78年より現職。専門分野は日本経済史。研究テーマは貨幣の経済史、三貨制度、貨幣流通史、通貨統合など。近世の日本貨幣の流通の実態について調査。「近世物価と貨幣の経済史」をテーマに、日本各地の物価動向や貨幣流通の実態を示す史料を探索し、江戸時代にどこまで市場経済が形成され、地域的にどのような経済格差が生じていたかを分析している。著書に「近世日本物価史の研究」(大原新生社)、「経済社会の成立(日本経済史1)」(共著、岩波書店)、「近代成長の胎動(日本経済史2)」(共著、岩波書店)など。

2011年10月号掲載


日本の紙幣流通は、西欧よりもずっと早く始まった

──先生は江戸時代の貨幣の流通についてご研究されていると伺っております。
岩橋 はい。日本各地の物価動向や貨幣流通の実態を示す史料を探索して、江戸時代の貨幣の変遷や発行の背景などを調べています。
──貨幣というと、日本では意外に古くから紙幣が使われていたそうですね。
岩橋 そうなんです。中国では10世紀頃からあったようですが、ヨーロッパでは国の承認を受けたものとして、1661年にスウェーデンのストックホルム銀行が銀行券として発行したものが最初といわれています。そして、日本でも同じ年に越前福井藩が「藩札」を発行しており、これが最初の公的紙幣とされていました。しかし、備後福山藩で1630年に「銀札」が発行された記録が藩政史料から見付かっており、さらに早期に紙幣が使われていたことが分っています。また、「藩札」ではないのですが、1600年頃にはすでに、伊勢山田地方で「山田羽書」という紙幣が流通していたのです。これは現物も残っているんですよ。

写真上段は、右から1番目が「土佐藩札」、2番目が「福井藩札」、3・4番目が「但馬出石藩札」。写真下段は、1番右が伊勢山田で発行された「山田羽書」、現存最古の紙幣とされている。「射和羽書」(写真中央2枚)と「松坂羽書」(写真左2枚)は、紀州藩支配下の松坂で発行された紙幣〈写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館〉
写真下段は、1番右が伊勢山田で発行された「山田羽書」、現存最古の紙幣とされている。「射和羽書」(写真中央2枚)と「松坂羽書」(写真左2枚)は、紀州藩支配下の松坂で発行された紙幣〈写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館〉
写真上段は、右から1番目が「土佐藩札」、2番目が「福井藩札」、3・4番目が「但馬出石藩札」。写真下段は、1番右が伊勢山田で発行された「山田羽書」、現存最古の紙幣とされている。「射和羽書」(写真中央2枚)と「松坂羽書」(写真左2枚)は、紀州藩支配下の松坂で発行された紙幣〈写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館〉

──西欧よりも日本の方が、はるかに早く紙幣の流通が進んでいたのですね。日本ではどういう経緯で紙幣が生れたのでしょうか?


 

岩橋 それを説明する前に、まず当時の日本の貨幣制度についてお話したいと思います。
江戸時代には、幕府により、金、銀、銭(銅)の三つの通貨が運用される「三貨制度」が設けられていました。金、銀、銭は相互に交換することができましたが、金と銀は高額で、主に政治や大規模な商売に使われ、一般庶民が日常的に使用するのは、ほとんど銭でした。
──江戸時代の庶民の生活は金でも銀でもなく、銭が基本通貨だったわけですね。銭は時代劇にもよく出てきますね。
岩橋 はい。そして新田開発などに伴って経済が発展し、通貨の流通が拡大すると、銭の需要が高まります。しかし、銅が不足して供給が追い付かなくなったため、18世紀半ばにはスズを混ぜたり、鉄でできた銭が造られるようになっていったのです。
ところが、例えば小判1両を換算すると、銀なら50〜60匁、銭でいうと4000〜1万枚なんです。そのため庶民が大きな買い物をする時には大量な銭を持ち歩かなければなりませんでした。銭の穴にひもを通して束にして使ったりしていたのです。これは金銭の流通としても合理的ではありません。
そうした事情を背景に生れたのが紙幣だったのです。もともとは個人商人が銀貨のお釣りの代わりとして発行したのが始まりだったといわれています。


──その他にも、紙幣にはいろいろ種類があったようですが。
岩橋 用途に応じてさまざまな種類があり、「釣銭切手(紙幣)」のほか、「駄賃切手」や「米切手」、「魚切手」、「宿場切手」、「鉱山切手」などがありました。これらは「私札」といって、地域の限定された範囲で、民間の有力者が発行したものです。しかし、三貨で統一したい幕府がそうした「私札」への規制を強めたために、「私札」はその後徐々に衰退し、代わって諸大名が発行する紙幣「藩札」が各藩に広がっていきました。幕府の容認もあり、全国の8割近い藩で使用されていたようです。幕末の時点では、約270の藩がありましたが、207の藩札が発行されていたことが分っています。

銭不足や財政立て直しに活躍した「藩札」

──「藩札」発行の目的は何だったのでしょうか?
岩橋 3点考えられます。第1に、原材料(金、銀、銅)の絶対量の不足を補うため、第2には、前述したように銭が持運びできないことによる代替貨幣としての役割、そして第3番目は藩の財政補てん、というものです。これらの事情から、「三貨制度」と、紙幣による「藩札」が併存するという、日本独自の貨幣制度が成立したのです。
いい換えれば、諸藩は「藩札」を発行することで、地域経済を活性化するとともに、藩の財政赤字を一時的に乗り切ろうとしたのです。

写真上は、江戸時代の大判で、左が「享保大判」、中央が「慶長大判」、右が「万延大判」<写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館> 写真上は、江戸時代の大判で、左が「享保大判」、中央が「慶長大判」、右が「万延大判」<写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館> 写真上は、江戸時代の大判で、左が「享保大判」、中央が「慶長大判」、右が「万延大判」<写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>
写真上は、江戸時代の大判で、,「享保大判」、△「慶長大判」、が「万延大判」<写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>

──それにしても、紙幣は1枚の紙切れです。人々はなぜ信用できたのでしょうか?


 

岩橋 「私札」の場合は、発行した商人など有力者が保証するので、信用力があります。
また「藩札」は、藩だけではなく、地域で名の通った大商人が連名で保証を行なうことで、信用を得ていたのです。また、通し番号や手書きの署名などを入れ、偽札防止にも努めていました。
──どちらも「人」が信用保証となっていたのですね。
岩橋 その通りです。
日本などアジアでは、信用の基盤が個人です。国家権力や契約よりも、人的な信用が大事なんです。一方、西洋では、契約などは人と人が神のもとで行なうものであり、そもそも信用そのものに対する考え方が違います。
──なるほど。日本では、「人間の信用」を基盤に紙幣が流通したわけですね。
岩橋 はい。さらにいえば、江戸時代に、「三貨制度」に加え地域通貨である「藩札」が併存し流通したことは、世界から見ても稀な例であり、実はこれこそが日本経済発展の原動力になったといってもいいと思います。

い蓮江戸時代の小判「慶長小判」<写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館> 江戸時代の銀貨で、写真イ「宝永四ツ宝丁銀」、Δ「人参代往古銀」 <写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>

写真い蓮江戸時代の小判「慶長小判」。写真キΔ蝋掌融代の銀貨で、イ「宝永四ツ宝丁銀」、Δ「人参代往古銀」 <写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>


米価の変遷の研究から全国の地域通貨研究へ

──それにしても先生は、どのような方法でご研究を進められているのですか?
岩橋 地方の農村などに行って、現地の帳簿などの古文書を調べます。幕府の法令はこうだけど現実はどうなのか、金銭の授受がどのように行なわれていたのかなど、個別の記録を現地で探索しています。
──地道で大変な作業ですね。


 

岩橋 ええ。でも歴史を知る上では、制度などの建前だけでは分らない実態を調べなくてはなりません。
地方経済の実情などについて面白い発見をすることもあり、やりがいもあります。
例えば、西日本の「藩札」は大半が銀を基盤として表示された「銀札」と見なされていたのに、調査によって、銭をベースに表示された「銭匁札」の流通も多かったことが分ってきました。さらに、銭の原料が銅から真鍮へと変遷、場合によっては鉄でつくっていた地域もあり、その分布も分ってきています。

江戸時代の銭貨で、写真Г「天保通宝(百文銭)」、┐「寛永通宝(真鍮四文銭)」、が「寛永通宝(銅一文銭)」 <写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館> 江戸時代の銭貨で、写真Г「天保通宝(百文銭)」、┐「寛永通宝(真鍮四文銭)」、が「寛永通宝(銅一文銭)」 <写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>  
江戸時代の銭貨で、写真Г「天保通宝(百文銭)」、┐「寛永通宝(真鍮四文銭)」、が「寛永通宝(銅一文銭)」 <写真提供:日本銀行金融研究所貨幣博物館>

──今後はどういったテーマでご研究を?
岩橋 私はもともと、1600年前後から幕末までの全国の米価の変遷について調べていたのですが、古文書を調べても、銀建てなのか、銭建てなのか、また江戸や大阪だけでなく、全国レベルではどうなのか、誰も研究しておらず分らないことが多かったのです。そんなことから、銭や藩札の発行や背景に関心を持ち、資料も徐々に整えてきました。そこでこれからは、これまでの集大成として、今まで調べたデータを全部総括し、一つの本にまとめていきたいと思っています。
──それは有意義で興味深いですが、大変なパワーのいる作業ですね。
最後に、現在の混迷する金融情勢などについて、先生はどうご覧になっておられるのかお聞きしたいのですが。
岩橋 私はその方面の専門ではないのですが、江戸時代の貨幣制度を見ると、一見複雑で非効率的なシステムのようではありますが、逆にいえば、非常にリスクヘッジがうまく機能していたのではないかと思います。最近、地域通貨への関心も高まってきていますが、私達がこれからの経済政策を考える上では、こうした歴史からも学んでいく必要があるのではないかと考えます。
──なるほど。見習うべき先例は役立てていきたいですね。
本日はありがとうございました。



サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ