こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

古代の技術や生活を実験したり、実践することで たくさん面白い発見があります。

縄文生活を再現する

原始技術史研究者 和光大学非常勤講師

関根 秀樹 氏

せきね ひでき

関根 秀樹

1960年福島県生れ。和光大学中退。東北工業大学客員研究員、原始技術史研究所主任研究員を経て、同研究所主幹、和光大学非常勤講師に。同時に、古代楽器・民俗楽器のコンサートを仕掛けたり、各地の美術館や博物館で多彩なワークショップを展開している。主な著書に『民族楽器をつくる』(93年、創和出版)、『縄文生活図鑑』(98年、創和出版)など。

1999年9月号掲載


縄文時代の「鈴」を試行錯誤して復元

──本日は、先生のご専門の一つである「原始技術史」の話を中心に伺いたいと思います。

まず、あまり耳にしない分野ですが、どういったことを研究されているんですか。

関根 簡単に言うと、古代の生活技術や知恵を実験しながら研究するわけです。

例えば、縄文時代の遺跡から出てきた鈴。これは土を焼いてできているんですが、普通、丸くて振ると音がするから「鈴」だろう、と推測して終ると思います。私の場合、ここからが本当の研究で、同じものをつくってみようと、いろいろじっくり観察をします。そうしたら、表面にまったく穴がない、中空の鈴があったんです。その中に石が入っていて音がするんですが、何かおかしいと思いませんか。空気抜きがないんです。

──確かに、そのままでは焼いている途中に破裂してしまいますよね。

関根 そうです。そのままでは割れてしまいます。

「こんなものつくれるはずがない」と陶芸家さえも言っていたんですが、実際現物があるわけですからつくり方があるはず。試行錯誤して、やっと同じものができたんです。実は、粘土一に対して二−四割の砂を混ぜてつくったんです。そうすることによって、表面が粗くなり、空気が勝手に逃げていくわけです。

──なるほど。実際に試したりつくってみることで、見た目や形から得られる以外のいろんな情報、当時の技術とか生活様式などが分りますね。

関根 実際やってみると、たくさん面白い発見があるんですよ。

研究室には手づくりした古代の道具が所狭しと並んでいる
研究室には手づくりした古代の道具が所狭しと並んでいる

大学の授業に「古代の火起こし」

──とても興味深い研究ですね。ほかの人はそこまではやらないと思うんですが…。

関根 子供の頃、田舎暮らしをしたことがあって、その時、両親や近所の人達に「これは食べられる草だ」とか「薬になる草だ」とかいろいろ教わりました。でも高度成長を遂げた日本では、もうそういう知識、知恵は生活に必要がなくなってしまい、教わったと言ってもちゃんと受け継いでいない。

──確かに、私はそういうことをよく知っている世代ですが、今では子に伝える機会がないですからね。

関根 また、田舎の村では、大工さん、博労のおじさん、近所の人達など、会う人会う人みんな面白い人ばかり。話を聞いていて飽きないんですよね。でも三歳くらいの時、親の転勤でちょっと大きな街に引っ越したら、そういう面白い人がガクンと減り、五歳でさらに大きい街に引っ越したら二、三十人に一人くらいになってしまった。高校時代には百人に一人くらいになっちゃったんです。都会に行けば行くほど、味がある人が少なくなっていく…。そういう体験がこの研究の根本にあるんですよ。

──よく分ります。都会では芸能界の話はよく知っていても、自然界のワクワクするような話をできる人ってそうそういませんね。

関根 そうなんです。学校でもそういう話は教えてくれず、「いい学校に入る」ための勉強ばかり。そういう受験戦争にも疑問を抱きまして、高校の時なんかは年に五百冊くらい本を読んだり、理科室で実験ばかりしていました。「きっと大学は自分の好きなことができるだろう」と期待をしつつ、変り者の私にぴったりのユニークな大学を探したところ、その代表格の一つ、私が今、教鞭を執っている和光大学が目にとまったんです。初代学長が本に「ここは小さな実験大学。卒業したからといって、何か資格が取れるわけでもないし、いい就職ができるわけではない。でも、学ぶ姿勢とか生き方にきっと道が開かれるだろう」というようなことを書かれていて、それを読んで「私の居場所はここだ」と決めたのです。

──確かに、大学は本来就職斡旋所ではありません。何をどう学ぶかが大切です。それで先生はここで道が開けた…。

関根 そうなんです。古代の火起こしの授業をしていた岩城正夫先生にお会いしたことが、この研究を始めるきっかけとなりました。

岩城先生は机の上で文献のみを使うばかりではなく、「火を起こすにはどの木を、どのくらいの厚さにすればいいのか」など、実験をしながら具体的に調べるというユニークな研究をなさっており、面白くていろいろお手伝いをするようになりました。この「火起こし」の研究を起点に、古代の技術、生活を実践的に研究するようになったんです。


道具を買う現代、道具をつくる古代

──「火起こしの授業」とは、本当にユニークですね。火を起こすのはすごく難しいと聞きますが。

「キリモミ式発火法」で火を起こしているところ。熟練した人なら30秒足らずに起こすことができる

「キリモミ式発火法」で火を起こしているところ。熟練した人なら30秒足らずで起こすことができる

関根 そんなことはありません。私は、六秒で起こしたこともあります。だいたい熟練した人なら、二分足らずでできますね。もちろんコツもありますが、まず道具の材質と寸法が重要です。

例えば、「キリモミ式発火法」というのがあります。縄文時代から平安時代頃まで行なわれていた代表的な発火法ですが、この棒の部分の材質はキブシとかウツギ、そして板は軟らかいスギが適しています。

──結構、簡単にできるんですね。やっぱり、実際やってみないと本当のことは分らない。そういう意味で先生のご研究は、現代の常識を打ち破るものとも言えますね。

関根 そうですね。よく皆さんは「縄文時代は火を起こすのも難しく、とても不便な生活だった」とおっしゃいますが、そんなことはない。逆に、モノの溢れている現代の方が不便だと私は思っています。

なぜなら、何をするにもまず道具を調達しなければいけませんが、現代人は「店で買う」ことしか知らない。もし店がなかったら、何もできません。でも古代の人達は、その辺にある木や石などを使って、道具からつくってしまうんですからね。

手づくりしたアイヌの楽器・ムックリは、表面に細かい模様が描かれており、精巧にできている(上)。手づくりの楽器を自ら演奏する(下)<br>手づくりの楽器を自ら演奏する(下)
手づくりしたアイヌの楽器・ムックリは、表面に細かい模様が描かれており、精巧にできている(上)。
手づくりの楽器を自ら演奏する(下)

──確かに、そう考えると現代生活は不便ですね。生きるための知恵、たくましさなどが物質文明に呑み込まれてしまった感があります。

関根 こういうことが、社会にいろいろな歪みを引き起こしていると思います。特に、その犠牲になっているのが子供達。人としての豊かさ、ナチュラルな心と身体を持ち合せていない子供達が多くいます。自然と向き合った遊び、道草、旅、いろんな人達との出会い、読書…、そういうものを通じて「身体知」、いわゆる実際に生身の体験の中で得る「知」が必要なのです。

私の研究は、頭で考え、手や体を使って学ぶ、まさに「身体知」を形成してくれます。学問というより遊びですね。この楽しさを多くの人達に伝えたいと思い、各地の美術館や博物館などで、古代の楽器のつくり方を教えたりするワークショップを開催しています。

──確かに、私達は便利な道具をつくりだし、生活を物質的には豊かにしてきましたが、その代り人間としての豊かさを犠牲にしたように思います。

私達人間は社会の中の生き物のように思っていますが、本当は自然の中に生きていることを今日は改めて思い起しました。興味深いお話、ありがとうございました。


近著紹介
縄文時代の生活様式が詳しく書かれている先生の著書『縄文生活図鑑』(創和出版)

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ