こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

尿1滴でがんを検知。 線虫の優れた嗅覚を使った最新医療に挑む

線虫ががんのにおいを嗅ぎ分ける?

九州大学大学院理学研究院助教

廣津 崇亮 氏

ひろつ たかあき

廣津 崇亮

1972年山口県生まれ。97年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程修了、2001年同博士課程修了、理学博士。01年〜03年日本学術振興会特別研究員(東京大学遺伝子実験施設)、04年京都大学大学院生命科学研究科ポスドク研究員、05年より現職。02年井上研究奨励賞受賞(井上科学振興財団)。

2016年11月号掲載


廣津 がん細胞には特有のにおいがあることが知られており、そのにおいを嗅ぎ分ける「がん探知犬」がいると聞いたのがヒントになりました。犬ができるなら、犬より嗅覚が優れている線虫にだって嗅ぎ分けられるかもしれないと思ったのです。

──実験は、具体的にはどのようなやり方で?

廣津 まず、がん患者と健常者から採取した検体のにおいに線虫が反応するかどうかを調べました。がん患者の血液や尿には、微量ですががん細胞特有のにおいを持つ成分が含まれます。検体には、採血より手軽に採取できる尿を選び、直径約9僂離轡磧璽譴涼爾坊鮠鐚圓箸ん患者の尿を、まん中に50〜100匹ほどのCエレガンスを置き、その動きの違いを比較しました。

「がん患者の尿」とCエレガンス
「健常者の尿」とCエレガンス
シャーレの左端に尿を置き、Cエレガンスの反応を見る。写真上のがん患者の尿には寄って行き、写真下の健常者の尿からは逃げているのが分かる〈写真提供:廣津崇亮氏〉

──どういう違いがあったのですか?

廣津 実は最初は何も…(笑) 採取したままの尿では、健常者、がん患者ともにCエレガンスの動きに違いはなかったのです。

──えっ、そうなんですか? では、それで?

廣津 においには、成分の濃度によって感じ方が変わる性質があります。これまでの基礎研究から、線虫も同様に、もともと好きなにおいでも、成分を濃くすると嫌いになることが分かっていました。

──確かに、香水なども原料は案外イヤなにおいだったりすると聞いたことがあります。


近況報告

廣津先生が代表を務める(株)HIROTSUバイオサイエンスは2017年4月18日、(株)日立製作所と線虫によるがん検査の実用化に向けた共同研究開発契約を締結しました。今後両社は、線虫がん検査法「N-NOSE」の実用化に向けて、日立が新たに開発した線虫がん検査自動解析技術を活用した検査の自動化についての共同研究を行なっていきます。

前へ     1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ