こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

オーストラリアの先住民“アボリジニ”の独特の世界観を 彼らのアートから紐解く

今、世界が注目するアボリジニ・アート

神戸大学大学院国際文化学研究科教授

窪田 幸子 氏

くぼた さちこ

窪田 幸子

1959年東京都生まれ。88年甲南大学大学院博士後期課程単位取得退学、97年広島大学総合科学部助教授、2009年より現職に就任。オーストラリアの先住民、アボリジニの研究を専門とし、広く、国家、国際言説、先住民のあいだのダイナミズムにも研究を広げている。著書に、『アボリジニ社会のジェンダー人類学―先住民・女性・社会変化』(世界思想社)、『「先住民」とはだれか』(共編著/世界思想社)など。

2016年9月号掲載


部族ごとの精霊神話を独自の技法で描写

──先生は文化人類学がご専門で、オーストラリアの先住民、アボリジニについて研究されていると伺っています。現在、大阪の国立民族学博物館を皮切りにアボリジニ・アートの巡回展覧会「ワンロードー現代アボリジニ・アートの世界」が開催されていますが、その開催には先生もご尽力されたとか。今、アボリジニ・アートの人気は高まっているのですか?

窪田 はい。アボリジニ・アートは、抽象的な独自の世界観が現代アートとして高い評価を受け、国際的にも非常に高い評価を得ています。2008年に日本で開催した展覧会でも評判になったアボリジニのアーティスト、エミリー・ウングワレーの作品などは、今ではサザビーズのオークションで約1億円の値がつくほどです。

──1億円とはすごいですね! アボリジニ・アートの魅力とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

 

窪田 なんといっても、彼ら独自の世界観が描かれているところですね。アボリジニは部族ごとに「ドリーミング」という、祖先から伝わる精霊の旅の話を受け継いでおり、文字を持っていないので、絵でドリーミングを表現しているのです。精霊たちは人間や動物の姿をしていて、その旅の過程は「自分たちの世界はどのようにでき上がってきたか」ということを表しています。

──神話のようなものでしょうか?

窪田 はい、そうです。中でもアボリジニは土地とのつながりを非常に大事にしていますから、ドリーミングにもそれが表れています。ドリーミングにまつわる場所は部族の聖地になっているほどです。

──ドリーミングは具体的にはどのような話があるのですか?


窪田 例えば、私が調査しているオーストラリア大陸北部のヨルングという部族では、「サメの精霊」をドリーミングのシンボルにしています。サメの精霊は、東から西に旅を続け、どこを訪れた、誰それと喧嘩したなど、途中で起こった出来事を語るのですが、この道すがら、土地の景観を作り、動植物を生み出し、アボリジニ社会を統率する道徳や儀礼などを定めていくのです。サメは最後には殺されてしまうのですが、その肉が飛び散った場所など、話に因んだいくつかの場所も言い伝えがあって、実際にヨルングの聖地とされています。

ヨルングの成人儀礼の様子。顔や胸にドリーミングのシンボルを描く〈写真提供:窪田幸子氏〉

──なるほど。先ほど部族ごとにドリーミングがあると伺いましたが、部族が違っても理解できるものなのですか?

窪田 いえ。基本的にはその部族内だけで通じるものです。アボリジニの部族は「クラン」と呼ばれる親族集団で形成されており、ドリーミングは、同じ部族内であればいくつかのクランで共通性が見られます。先ほどのヨルングは約50クランがあり、合計約6000人の部族民がいます。その程度の規模の中ではドリーミングに共通性があります。

成人儀礼のために胸に文様を描く。クランごとのドリーミングストーリーを象徴する文様が描かれる。これが樹皮画のもともとのかたち。学生時代のフィールドワーク中は、あるアボリジニ女性と仲良くなったことでその家族の「娘」となり、親族付き合いを深めながら調査したという〈写真提供:窪田幸子氏〉

──オーストラリア全体では、ヨルングのような部族はどのくらいいるのですか?

窪田 現在は混血して、母語を失った人々もいますが、部族数としては600といっていいでしょう。ただ、ヨルングのように、その言語、文化、慣習、儀礼などを行っている地域集団(部族)の数は、100程度でしょうか。

アートが民族自立のきっかけに。オリンピックのシンボルにも

──ドリーミングは、具体的にどのように絵で表現されているのでしょうか?


窪田 今では、現代アートと認められている抽象的な表現もありますが、もともとはシンボル化した記号のようなものでした。円形はキャンプ地か泉を表し、人間や精霊はUの字のような形で、その横に丸があれば女性、槍があれば男性を表すといったものです。そうした記号を組み合わせて、どこそこに泉や山があるなどと、具体的な場所が描かれました。

──風景画や地図のようなものだったのでしょうか?

窪田 そうですね。ただ、彼らはよく点描を用いるのですが、その点の一つひとつが精霊が土地を旅する時間の経過を表しているようにもとれます。瞬間を切り取っているのではなく、実際に歩きながら描いている、とでもいいますか。

──そもそもの絵というものの捉え方がわれわれと違うのかもしれませんね。ところで、それらは何に描かれているのですか?

窪田 ヨルング村のある大陸北部では、今でも「樹皮画」といって、ユーカリの樹皮にオーカーという天然の顔料で描いています。一方、中央砂漠エリアでは、1970年代頃から西洋の技法を取り入れキャンバス地にアクリル絵の具で描くようになりました。

販売のために描かれた樹皮画。クランのドリーミングの場所が描かれる〈写真提供:窪田幸子氏〉

──伝統的なものばかりではないんですね。

窪田 はい。アボリジニは、1788年にオーストラリア大陸へのイギリス人の入植が始まったことで、入植者による迫害を受けるようになったのですが、その後、権利回復運動などにより1967年に市民権を獲得しました。経済的自立が必要になったことで注目されたのが、アボリジニ・アートだったのです。木が育たない砂漠では樹皮画のように商品として流通させるものがなく、国の支援を受けながら新しいスタイルを生み出し、次第に普及させていきました。また、伝統的な樹皮画などは、もともとは男性だけが描くものでしたが、商品としての価値が認められるようになると、80年代ぐらいから女性も描くようになり、次第に変化しています。

樹皮画を描く。細い筆をつくり、赤、黄、黒、白の4色の顔料(オーカー)で描く〈写真提供:窪田幸子氏〉

──伝統を守りながらも新しいものを上手に取り入れていったのですね。


窪田 はい。ただ当初は、伝統的な技法ではない新しい技法はアボリジニの間でもアボリジニ・アートとして認められず、また、先住民アボリジニに対する差別的な先入観も根強くあり、国内での評価は低かったのです。

──そこからどうやって現在のような高い評価を得るまでに?

窪田 80年代頃から、世界的に先住民のアートが注目されるようになり、2000年代に入る頃にはアボリジニ・アートが特にアメリカやヨーロッパで高く評価されるようになりました。その影響から国内でも次第に人気が高まり、入植者たちはアートを通じて今まで知らなかったアボリジニの精神世界に触れるようになったのです。また、彼らの文化への理解も深めていくようになります。
また、この時期はオーストラリアにとっても2001年の連邦成立100年を前に、国家的アイデンティティを模索していた重要な時期でした。そこで国内外で注目を集めていたアボリジニ・アートが恰好の材料となったのです。そうして国を代表するアートとしての地位を獲得し、空港や公的機関の入り口にアボリジニ・アートが飾られ、2000年のシドニー・オリンピックのシンボルにも採用されました。

アボリジニの言葉にも注目。「語る力」の可能性も探求

──アボリジニの人々にとって、アートは単なる芸術ではなく、生活に根付いた重要な役割を持っている、またそれが彼ら自身の社会を守っていくことにもつながったということですね。アートが先住民と入植者の距離を縮めたという点がとても興味深いです。先生がアボリジニの文化や歴史をご研究される中で、アボリジニ・アートの存在が大きな意味を持っていることもよく分かりました。
最後に今後の研究のテーマについてお聞かせください。

窪田 アボリジニはもともと文字を持たない人々です。アートとともに彼らの「語る言葉」を研究していき、独特の世界観をより深く探っていきたいと考えています。言語学者など文化人類学以外の専門家とのつながりもつくりながら、言葉の持つ「語る力」の可能性を追求していきたいです。

──違う視点が加わればまた見えてくるものも変わってくるかもしれませんね。新しい発見を期待しております。
本日はどうもありがとうございました。

現代アボリジニ・アートの例 「クンクン Kunkun 2008」
ノーラ・ナンガバ、ノーラ・ウォムピー、ブーガイ・ワイルター、クームパヤ・ギルガバ(マトゥミリィ・アーティスト)。リネン地にアクリル絵の具。124.5×294僉オーストラリア国立博物館蔵。(「ワンロード展」で巡回展示)
「ワンロードー現代アボリジニ・アートの世界」
【開催場所・期間】
●香川県立ミュージアム(16年8月6日〜9月19日)
●市原湖畔美術館(16年10月1日〜17年1月9日)
●釧路市立美術館(17年4月7日〜5月7日)
www.oneroad-aboriginalart.jp


近著紹介

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ