こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

里山で昆虫や小さな生き物に接してもらうことで、 子ども達の豊かな人間形成を育みたいんです。

こども電話相談室で数十年。
昆虫学者が語る子ども達への思い

ぐんま昆虫の森 園長

矢島 稔 氏

やじま みのる

矢島 稔

1930年、東京生れ。57年、東京学芸大学生物学科卒業。中学生より昆虫の観察を開始し、49年日本昆虫学会等が主催するコンクールに入賞。57年、豊島園の昆虫生態館を創設し、主任に就任。61年東京都多摩動物公園に移り、「昆虫園」の設立に着手、64年、昆虫誌『月刊インセクタリウム』を創刊、87年に同園園長に就任、90年に退職後、東京動物園協会理事長などを歴任し、99年より現職。80年、日本博物館協会・棚橋賞受賞。著書に『樹液をめぐる昆虫たち』(偕成社)、『虫に出会えてよかった』(フレーベル館)、『謎とき昆虫ノート』(NHKライブラリー)、『世界びっくり昆虫大集合』(成美堂出版)、『蝶を育てるアリ―わが昆虫フィールドノート』(文藝春秋)、『チョウとガのふしぎな世界』(偕成社)など多数。

2007年9月号掲載


少年期の療養生活が 昆虫にのめり込むきっかけに



──先生は昆虫生態学の大家でいらっしゃり、多摩動物公園園長などを歴任されたほか、「全国こども電話相談室」(JRN系列)や「夏休み子供科学電話相談」(NHK)の名回答者としてもおなじみですね。
限られた時間の中で、子どもを相手に、難しい内容を分りやすく噛み砕いて、的確な回答をされている様子には、いつも感銘を受けております。


矢島 ありがとうございます。
子どもは、実に面白くて、そして難しい質問をずばっと聞いてくるもので…、当初は冷や汗が止まりませんでした(笑)。しかし、この30年、いろいろな質問を子ども達から受けたことで、大人が何ら不思議に思わなかった物事の真理のようなものに気付かされたことが多々あるんです。


──確かに。子どもは本当に面白く、そして、怖いですね(笑)。
ところで先生も、子ども時代は昆虫少年だったんですか?


矢島 もともと生き物が大好きだったのですが、あいにく私が幼少の頃は第二次世界大戦前後で、虫を追い掛けて野山を駆け巡れるような雰囲気はありませんでした。そのため、虫や魚など、生き物への思いを押し殺しながら、体調が悪いながらも生れ育った東京で勤労奉仕をしていました。


──ほとんどの子どもが疎開していた中、東京にお残りに…。


矢島 ええ。空襲が相次ぎ、人間の命がいとも容易く失われるという光景を目の当りにしました。しかし、そんな惨状とはまるで関係ないように、トンボは焼け跡にできた水溜りで産卵をしている…。あの姿は、今でもトラウマのように覚えています。

 


──強烈な原風景ですね。その後は?


矢島 戦後、学校のみんなで焼け跡の整理などをしていました。しかし、「肺門リンパ腺炎」という病気を患っていることが判明し、親戚の別荘での療養生活に入ったのです。
伯父が気を遣ってくれて、釣りやイナゴ採りに連れて行ってくれたのですが、生き物に触れられたことが本当に嬉しかった。
結局、復学には2年間を要しましたが、この間に読んだ『ファーブル昆虫記』にとても感動しました。


──ファーブルの昆虫記は昆虫の詳しい紹介だけでなく、社会問題にも触れている、大変面白い本ですね。その頃から昆虫の観察を開始されたんですか?


矢島 はい、戦争で好きなように生き物に接することができなかった分、堰を切ったように観察にのめり込みました。自分でも昆虫記をと、『ファーブル昆虫記』を手本に、つくったこともあります。表紙や扉、目次なども作成、執筆したんですよ。


──確か、そのお手製の昆虫記、先生の書籍で拝見しました。装飾も体裁も美しくて…。それにしても、惨状を目の当りにされた先生にとって、昆虫が育つ姿は美しかったでしょうね。


矢島 蛹から出たばかりの、まだ翅が伸びつつあるアゲハを見た時は、なんて美しいのだろう、こういう昆虫を調べて一生を送りたい、と強く感動したのを今でもはっきりと覚えています。


 

「殆どの昆虫の生態は不明、調べてみないか?」の一言で研究に没頭


──それで、どのようにして本格的な研究に入られたのですか?


矢島 病気が回復し、復学したのですが、そこで運命的な出会いの一つがありました。
当時、学校の教員が足らなかったため、外部の講師が学校に教えに来てくれていたのですが、その中に白髪交じりの先生で、生物学の基礎を大変丁寧に説明してくださった方がいらっしゃいました。
ある日、野外で捕まえた昆虫を持って、その先生に質問に行くと、先生はルーペを出し、じっくりと見てから、名前や習性を教えてくれました。それが嬉しくて、いつもその先生が来る時には昆虫を用意して待つようになりました。先生は何の用意もないのに、いつもこちらの質問に答えてくれるんです。
後に分ったことですが、先生は大学の教授で、昆虫学者だったのです。


── 一生昆虫を調べたいと願っていた頃に、その道の専門家と出会えたことは、大きな第一歩ですね。


矢島 はい。ある日、1匹のガを先生に持って行った時のことです。先生は「マダラミズメイガ」という種類であるといい、図鑑を見せてくれたのですが、こう、おっしゃったんです。「実はこのガも、生態についてはまだよく分っていないのだよ。昆虫の多くは、分類されて名前が付いていても、その生態については分っていないものが殆どなんだ。君が調べてみないか?」と。
そして私は、そのガを採集した場所に、1年間、毎週のように通い、観察を続けました。そして、先生から正式な報告文の書き方を教わり、研究論文として書き上げたんです。


──その一言が、研究に導いたんですね。


矢島 ええ。高校の同士を募って研究の相談をしていました。そんな時です。日本昆虫学会などが主催する「第1回学生研究コンクール」が行なわれました。「せっかくだから、あの研究論文を出してみたら?」と、その先生がいってくださり、応募したところ、なんと入賞したのです。
このコンクールでの入賞が、私の人生を完全に決定しました。

広さ約1200m2、高さ25mもある「ぐんま昆虫の森」の昆虫観察館生態温室では、西表島の生態を正確に再現、亜熱帯に生息するチョウなどが観察できる。写真上はオオゴマダラ、下は温室の様子〈写真提供:矢島 稔氏〉

日本初、昆虫の生態展示を


──その後、大学で昆虫学を専攻された後、初めての昆虫生態展示施設である旧・豊島園昆虫生態館や、多摩動物公園昆虫園の設立などに深く関わられることになったんですね?


矢島 元来、昆虫の生態を研究していたのであって、昆虫館を作ることになる、ましてや動物園の園長になるとはみじんも思っていなかったのですが…(笑)。

豊島園の昆虫生態館はもともと、大学の恩師が「小さきものの世界」という生物映画、これは結局はお蔵入りになったのですが…、に協力することになって、その撮影スタジオを兼ねて作ったものなんですよ。
当時、日本には昆虫に関する社会教育施設がなく、あってもそれは標本の展示のみでした。そのせいか、大学の恩師はかねがね、昆虫の生態を紹介することができれば、と思っていたようで、昆虫の夜間採集や生態研究を精力的にしていた私に、現場で昆虫をどう撮ったら良いのか、映画のスタッフと一緒にやってくれと依頼されたのです。それがきっかけで、いろいろな方と出会い、昆虫や動物の生態を紹介することになりました。

 

体験を持たない子どもに 昆虫にふれあう機会を


──先生は今では「ぐんま昆虫の森」の園長をされていますね。大変面白い取組みをされていらっしゃると伺っていますが。


矢島 近頃、「こども電話相談室」での子どもとのやりとりで、危惧していることがあるんです。それは体験がバーチャルになっている、ということです。
例えば、昆虫に関する質問があって、「それはどこで見たの?」と子どもに聞くと、「テレビで」と答えるなど、体験でないことが多いのです。しかし、テレビ等の映像は、膨大な時間を掛けて撮影し、分りやすい部分を抽出しています。実際は探し出すのも、変化を見るのも大変なんです。ましてや、温度や重さ、硬い柔らかいなどは伝わりません。


──そうですね。体験や実感が伴わないということが危険ですね。


矢島 例えば、映像などは、学習のイントロダクション、興味付けなどに大変有効だと思います。でも、それだけでなく、やはり実際に触ってほしいのです。
そこで、「ぐんま昆虫の森」では、雑木林や小川、水田、草はらなど、里山の環境を創出しました。

 

──里山は、長い年月を掛けて人が環境と共生するために作り上げた自然ですよね。


矢島 その通りです。昆虫を含め、自然とのふれあいが、人間形成の大きな柱になると思っています。
都市は人間が作り上げたカプセルのようなところです。しかし、そういったところだけで育つと、人間そのものが自然であるにも関わらず、どうしても自然と切り離して考えてしまう。必要性・経済性だけを追求する生活では、いずれ、人間社会にはひずみが生じるのではないでしょうか。
ぜひ、多感な時期、特に幼児期までにしっかり里山を体験してもらいたいと強く願っています。


──確かに、現代の大人にとっても、人間性を取り戻すために都会のカプセルから出ることが重要だと、私も感じています。
本日は、どうもありがとうございました。

「ぐんま昆虫の森」の広大なフィールドには、畑や草はらなどのある里山の風景が広がる。昆虫や小さな生き物は、こうしたさまざまな環境を上手に利用しており、その様子を観察することができる〈写真提供:矢島 稔氏〉


「ぐんま昆虫の森」の「昆虫観察館」(写真上)では、昆虫飼育員の話や昆虫クイズなどが楽しめる「昆虫ライブステージ」(写真上から2番目)や、1万冊以上の蔵書があり、子どもからの質問も受け付ける「フォローアップ学習コーナー」(写真下)が設置されている〈写真提供:矢島 稔氏〉



サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ