こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

1/fゆらぎは謎だらけですが 非常に大きな可能性をもっています。

F分の1ゆらぎの謎にせまる

東京工業大学名誉教授

武者 利光 氏

むしゃ としみつ

武者 利光

1931年東京都生れ。54年東京大学理学部物理学科卒業後、同年、日本電電公社電気通信研究所研究員、64年マサチューセッツ工科大学研究員、65年スウェーデン王立工科大学研究員、66年RCA東京研究所研究員に。67年東京工業大学助教授、教授を経て名誉教授に就任。1/fゆらぎの草分け的存在で、77年には第1回「1/fゆらぎに関する国際会議」を日本で開催し、以降2年ごとに世界各地で行なっている。また、94年には(株)脳機能研究所、(株)ゆらぎ研究所を設立し社長を兼任。著書に『ゆらぎの発想〜1/fゆらぎの謎に迫る』(94年、日本放送出版協会)、共著に『ゆらぎの科学』(91年、森北出版)など。

1998年11月号掲載


風も太陽も人間もゆらいでいる

—— 私が「1/f(エフ分の1)ゆらぎ」という言葉を聞いたのは、数年前テレビで流れていた扇風機のコマーシャルだったように思います。先生はその1/fゆらぎ研究の第一人者と伺っておりますが、まず1/fゆらぎとは一体どういうものかお教えください。

武者 1/fゆらぎは、いくつかある「ゆらぎ」の種類の1つなんです。ですから、1/fゆらぎのお話をする前に、まずゆらぎの説明をしましょう。

ゆらぎ自体をはっきり定義するのは難しいんですが、ものの予測のできない空間的、時間的変化や動き、といったら良いと思います。予測は、規則性があるからできるので、言い換えるとゆらぎとは、ものの空間的、時間的変化や動きが、部分的に不規則な様子ともいえますね。

ゆらぎは、世に存在するすべてのものに表れます。例えば、風は突然吹いて、そして突然止まることもあります。風は不規則な動き、いわばゆらぎの代表格の1つです。

—— しかし、太陽や星などの天体は、規則正しい軌道運動をしていて、とてもゆらいでいるようには見えないんですが。

武者 太陽や星などでさえ、やはり少しずつゆらぎながら軌道運動しており、決して一定ではありません。大体の動きは予測できますが、細かいところまで完璧な予測はできないんです。岩石も温度によって膨張、収縮しますし、中でも特に生物は、規則的な運動ができません。私達人間だってそうなんですよ。

—— そういわれると確かに、私自身も何かをする時、こうしようと思って動作を起こしますが、次の瞬間、実際に細部がどういう動きをするかなんて予測できない。そう考えると、私自身もゆらぎながら生きているんでしょうか。

武者 そうです。

phy03ph2.gif

ただ、人間の行動を数字にするのは複雑ですが、例えば、体温の変化や心拍間隔ゆらぎは簡単です。そうしたゆらぎを数字に置き換えますと、図1のようなグラフになります。それを周波数(frequency=f)ごとに分析しますと、図2のように単調な波形に分けることができます。すると、ゆらぎをいくつかの種類に分類でき、その中に、1/fゆらぎがあるんです。

—— 1/fゆらぎを見つけ出すのは、なかなか複雑で、難しいんですね。


1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ