こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

「口蹄疫」は治る病気なのに、 どうして騒ぎは大きくなった?!

口蹄疫によって全頭殺処分されたワケ

東京農工大学農学部獣医学科教授

白井 淳資 氏

しらい じゅんすけ

白井 淳資

1955年生れ。農学博士。専門は獣医伝染病学(ウイルス感染症)。山口大学大学院農学研究科獣医学専攻修士課程修了。農林水産省家畜衛生試験場海外病研究部海外病研究管理官、 (独)国際協力機構派遣専門家、(独)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所上席研究員などを経て、現職に至る。研究分野は、家畜およびペットの感染症について。現在は、伝染病発生時に最初に取られる防疫措置としての消毒について、オゾン水やオゾンガスを利用した畜舎消毒のための基礎研究を行なっている。その他の研究テーマは、「創傷被覆ならびに皮膚感染治療のための高機能化絹フィルムの開発」「遺伝子組換えカイコの繭を活用した代替抗菌剤投与用新素材の開発」「新型インフルエンザの大流行に備えた訓練に関する研究」等。

2010年9月号掲載


白井 おっしゃる通りです。
日本の畜産の品質、そして畜産農家を守るためには、「清浄国」であり続けなければならないのです。

──しかし今回、日本はワクチンを使用してしまいました。ワクチン非接種清浄国として復帰するためには、どうしたらいいのでしょう。

白井 まず、全国から決められた数の家畜の血液をサンプリングし、そこにウイルスを認識する抗体がないことを示さなくてはなりません。そこから3か月の間に口蹄疫が発生しなければ、OIEから清浄国と認定されます。

──なるほど。早急に清浄国へ復帰するために、ワクチンを接種して抗体を持った家畜を国内から一掃する必要があったんですね。

 

口蹄疫ウイルスは酸性に対して極端に弱く、中性(pH7・0)に近いpH6・5以下で簡単に不活性化されてしまう。従って、食用のお酢を1000〜1万倍に薄めたものでも口蹄疫ウイルスを殺すことができる〈資料提供:白井淳資氏〉
口蹄疫ウイルスは酸性に対して極端に弱く、中性(pH7・0)に近いpH6・5以下で簡単に不活性化されてしまう。従って、食用のお酢を1000〜1万倍に薄めたものでも口蹄疫ウイルスを殺すことができる〈資料提供:白井淳資氏〉

感染ルートの解明は、事件を解決する感覚

──ところで、そもそも先生はなぜ、獣医伝染病学という分野に興味をお持ちになったのでしょう。

白井 私は小さい頃から動物が好きで、獣医になりたいと思っていました。大学に入り臨床に取り組んでいたのですが、ある時、先輩から「伝染病の研究室に来ないか」と誘われまして。その頃、自分にはセンスと器用さが足りないと感じていて(笑)、もしかしたら臨床に向いていないのかも・・・と思っていましたので、それで伝染病学に携わることになったのです。

──では、先生にとって、獣医伝染病学の魅力とは何ですか?


前へ     1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ