こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

アルツハイマー病治療を根本から変える 画期的な薬を開発しました。

アルツハイマ−病の根本的治療薬を開発

京都薬科大学教授・創薬科学 フロンティア研究センター長 

木曽 良明 氏

きそ よしあき

木曽 良明

きそ よしあき 1945年、広島県生れ。68年、京都大学薬学部製薬化学科卒業、73年、 京都大学大学院薬学研究科修了。同年、日本学術振興会奨励研究員、74年、 京都大 学薬学部文部技官。75年、ピッツバーグ大学医学部蛋白質研究室リサーチアソシエー ト。77年、徳島大学薬学部助教授。83年、京都薬科大学教授。99年、創薬科学フロン テ−ア研究センター長。2000年、京都薬科大学大学院薬学研究科長。研究分野はペプ チド合成化学、ペプチド医薬化学。03年、日本ペプチド学会・学会賞、04年、Cathay Award受賞。

2006年4月号掲載


高齢社会の大きな問題に

──先生は、アルツハイマー病の治療につながる新薬の研究をしておられ、画期的な薬を作り出すことに成功し、世界で初めて、動物実験により、その有効性が確認されたと伺っております。ところで、アルツハイマー病というと、最近は映画などでも話題となっていますが、まず、どういった病気なのですか?

木曽 アルツハイマー病とは、痴呆の代表的疾患であり、大変な難病です。脳が萎縮して、神経細胞が失われ、知能が著しく低下する認知症です。物忘れなどの初期症状から始まり、進行すると記憶や判断能力が低下し、やがては痴呆となり、死にまで至ります。

──何が原因で発病するのでしょう?

木曽 誰でも高齢になると掛かりやすくなります。最近では40歳くらいから、初老期に発病する方も多いようです。国内の痴呆性高齢者数は、推定で約150万人、その内約60−70万人がアルツハイマー病だと考えられています。

創薬科学フロンティア研究センターの研究室の様子。木曽氏は、ペプチド科学が専門で、ペプチド合成化学研究を行なっている<写真提供:木曽良明氏>
創薬科学フロンティア研究センターの研究室の様子。木曽氏は、ペプチド科学が専門で、ペプチド合成化学研究を行なっている<写真提供:木曽良明氏>

──そんなに多いのですか−! やはり身近な病気なのですね。

木曽 高齢化が進む中で、今後はさらに増えることが予想されており、社会的にも大きな問題となりそうです。


確実に進行する痴呆症状

──発症すると、どんな症状が出てくるのですか?

木曽 初めは物忘れが目立つようになり、進行すると、今日何をしたか、誰に会ったかなど、その日の出来事が思い出せなくなります。
軽度の段階では、自立した生活はできますが、仕事などは続けられなくなっていきます。

──さらに進行すると、どうなるのですか?

木曽 自己中心的になるなど、人格の変化や、幻視妄想などが起こります。
財布を誰かが盗んだなどという被害妄想も起こり、身の回りの人に嫌疑を掛けるようになります。
さらに進行すると、場所や時間が分らなくなり、古い記憶も失われ、見当識障害、徘徊など、異常行動が見られるようになります。

──自立が困難になってしまうのですね。本人だけでなく、家族にとってもつらい病気ですね。

木曽 ええ、身体的な障害はほとんどなく、痴呆症状のみが徐々に、しかも確実に進行していく特徴があります。
重度になると、家族の名前や顔も分らなくなり、会話も成り立たなくなります。また末期には、寝た切りとなり、失禁、拒食・過食、痙攣など、介護も困難となります。

──いわゆる痴呆症とよく似た症状なのですよね?

木曽 そうなのですが、「痴呆」と一口にいっても、大きく分けて3つのパターンがあるのです。
1つは、脳卒中が原因となって起こるもので、片麻痺、言語障害などの身体的障害を伴います。2つ目は正常な加齢によって起こるもの、そして3つ目は、アルツハイマー病です。それぞれの病症の境目は今のところ曖昧です。

──医学的には、アルツハイマー病は、どのように判断されるのでしょうか?

木曽 脳波やCTスキャン、MRIなどで脳を調べて行ないます。

──アルツハイマー病の方の脳は、何か特徴があるのですか?

木曽 はい、特に知的機能を司る前頭葉で顕著に現れます。
まず、全体的に脳が萎縮し、神経細胞の外側に「老人斑」と呼ばれるしみ状の物体が数多く見られるようになります。
また、脳神経細胞の中で、細い線維が異常に絡まり、ねじれ合う「神経原線維変化」と呼ばれる状態になっていきます。
これらが同時に認められて初めてアルツハイマー病という判定がなされるのです。


根本的治療薬「KMIl429」

──アルツハイマー病の発症のメカニズムとは?

木曽 脳内に「アミロイドβ(ベータ)ペプチド」というタンパク質が、大量に蓄積することが原因だと考えられています。

──「アミロイドβペプチド」とは、どういったものなのですか?

木曽 人体の細胞膜には「アミロイド前駆体タンパク質」(APP)という長い鎖状のタンパク質があります。これを、ハサミの機能を持つ分解酵素が切断し、その結果、できあがった短いタンパク質が「アミロイドβペプチド」です。

「KMI−429」のコンピュータ画像。「KMI−429」は、アルツハイマー病発症に深く関与する酵素「βセクレターゼ」に結合し、その働きを阻害する化合物。副作用など起きない事が動物実験で確認されている。<資料提供:木曽良明氏>
「KMI−429」のコンピュータ画像。「KMI−429」は、アルツハイマー病発症に深く関与する酵素「βセクレターゼ」に結合し、その働きを阻害する化合物。副作用など起きない事が動物実験で確認されている。<資料提供:木曽良明氏>

──これが脳に蓄積されると、前述の老人斑ができるわけですね。

木曽 そうです。老人斑の主成分が「アミロイドβペプチド」であり、脳内に大量に沈着すると毒性を持ち、神経細胞の維持に必要な他のタンパク質の働きを妨げてしまうのです。

──すると、先生が開発された、アルツハイマー病に画期的な治療薬とは、発症の原因となる「アミロイドβペプチド」を減らす効果があるものなのでしょうか?

木曽 その通りです。

「アミロイド前躯体タンパク質」(APP)を、「βセクレターゼ」が切断し、「アミロイドβペプチド」が蓄積されると、老人班が生成され、アルツハイマー病を引き起こす<資料提供:木曽良明氏>
「アミロイド前躯体タンパク質」(APP)を、「βセクレターゼ」が切断し、「アミロイドβペプチド」がつくられる。この「アミロイドβペプチド」が蓄積されると、老人班が生成され、アルツハイマー病を引き起こす<資料提供:木曽良明氏>

治療薬は、「KMI│429」と名付けられた、アミノ酸5個からなる化合物です。
発症の原因である「アミロイドβペプチド」は、長い鎖状のタンパク質(APP)が切断されることで生成されますので、その「ハサミ」の機能となる分解酵素「βセクレターゼ」に「KMI│429」を結合させることで、切断する働きを止めて、「アミロイドβペプチド」を作らせないようにしたわけです。

──なるほど。そもそも「APP」が切断されなければ、「アミロイドβペプチド」は生成されないですからね。

木曽 こうして「アミロイドβペプチド」の生産が減少すると、蓄積された物の排出も進み、病気の進行抑制や治療にも有効なことが、動物実験で確認できました。

──従来は、症状を緩和させたり、病気の進行を遅らせる対症療法はあっても、根本的な治療薬はなかったと伺っております。
先生が開発された薬は、病気の根本的な治療薬であり、まさにアルツハイマー治療に大きな可能性が出てきたわけですね。

木曽 現在は、マウスでの実験で有効性が確認された段階です。医療品として実用化するには、さらに改良や安全性の確認などが必要ですが、今後も実用化を目指して研究を進めていきたいと思います。

──治療薬の早期実現に期待しております。

本日はありがとうございました。



メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ