こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

「ミウラ折り」も、衛星「はるか」のアンテナも 閃きを数学的に解くことでつくり上げました。

潰れて強度が増す「ミウラ折り」の不思議

東京大学名誉教授

三浦 公亮 氏

みうら こうりょう

三浦 公亮

1930年東京生まれ。東京大学名誉教授、東京大学宇宙航空研究所助教授、文部省宇宙科学研究所教授。東京大学工学部船舶工学科卒業後、同大航空学専攻博士課程終了。東京大学の航空研究所が再開されたのに伴い、同研究所の助手となる。63年、コロンビア大学、66〜67年、NASAラングレー研究センターを経て、宇宙科学研究所(現JAXA宇宙科学研究本部)にて、宇宙構造工学を研究。宇宙構造物の設計家として、小型宇宙プラットフォームSFU(宇宙実験衛星)の二次元展開アレイ等の発明・開発や、電波天文衛星「はるか」の大型アンテナなどの設計に携わる。著書に「ゲームに勝つテニス―科学的思考によるレベルアップ法」(82年、光文社)、「ソーラーセイル―宇宙帆船とルナカップレース」(93年、共著、丸善)など。

2007年10月号掲載


破壊のメカニズム研究から生れた「ミウラ折り」


──地図を折る時などに使われている「ミウラ折り」というのは、世界的にも大変有名で、対角線部分を持って左右に引っ張ると、ワンタッチで展開・収納ができる不思議な折り方です。
しかし、それを考案なさった方が、まさか宇宙構造物の大権威であったとは知りませんでした。


三浦
 いまや「ミウラ折り」は私の名刺代りになっています。本当の専門は違うのにと困惑することもありますが、「折り紙の数理」のPRには良いかなと納得しています。

 

4個の平行四辺形の繰り返しで構成されている「二重波形可展面」。この形の折り方に、British Origami Society(英国折紙協会)が「ミウラ折り」と名付けた〈写真提供:三浦公亮氏〉
4個の平行四辺形の繰り返しで構成されている「二重波形可展面」。この形の折り方に、British Origami Society(英国折紙協会)が「ミウラ折り」と名付けた〈写真提供:三浦公亮氏〉


──先生の本来のご専門は?

三浦 40年程前までは、NASAでロケットや飛行機などの構造物の「強度」について研究していました。壊れてはいけないものを壊さないようにするために、「壊れる」メカニズムを研究していたのです。
飛行機の機体などのような円筒状のものを縦に潰すと、菱形が規則正しく並んだ模様ができ上がります。その模様が幾何学的で面白かったので、夢中になって研究していたんです。


──それは私も子どもの頃にやったことがあります。鉛筆に紙を巻き付けて、その紙を上から手で押し潰すと、きれいな菱形の模様ができますよね。


三浦 まさにその模様です。その研究を続けていくうちに、これは潰れてしまった形ではあるものの、強度は増しているということに気付いたのです。「潰れている」ということが、意外にも構造物の補強になっていた。
このパターンを数学的に研究して、「ミウラ折り」の発想につながったのです。


──「キリンチューハイ氷結」のパッケージも「ミウラ折り」の仲間だそうですね。

東洋製罐蠅竜蚕兌圓、三浦先生の論文を元につくった「ダイヤカット缶」。「キリンチュ−ハイ氷結」のパッケージとして使われている〈写真提供:キリンビール蝓   東洋製罐蠅竜蚕兌圓、三浦先生の論文を元につくった「ダイヤカット缶」。「キリンチュ−ハイ氷結」のパッケージとして使われている〈写真提供:キリンビール蝓
東洋製罐蠅竜蚕兌圓、三浦先生の論文を元につくった「ダイヤカット缶」。「キリンチュ−ハイ氷結」のパッケージとして使われている〈写真提供:キリンビール蝓

三浦 はい、まさにこの「潰れて強度が増した形」を活かしてつくられたものです。この缶は、開けた途端に収縮が起こり、ダイヤモンド型のパターンがはっきりして、同時に強度も上がります。「開けると変形する面白い缶」として、親しまれているようですね。

 


1 / 2 / 3     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ