こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

複雑な文法構造を持つジュウシマツの歌。 そこには、ヒトの言語の起源を探る手掛りがあります。

ジュウシマツの歌で「言語の起源」にせまる

千葉大学文学部行動科学科助教授

岡ノ谷 一夫 氏

おかのや かずお

岡ノ谷 一夫

1959年、栃木県生れ。83年、慶應義塾大学文学部心理学科卒業。89年、メリーランド大学心理学部博士課程修了、Ph. D(生物心理学)取得。ミュンヘン工科大学動物学研究所客員研究員、上智大学生命科学研究所特別研究員、農水省農業研究センター鳥害研究室特別研究員、慶應義塾大学文学部訪問研究員を経て、94年より現職。共著に『新しく脳を科学する│動物・鳥・魚・昆虫そして人間の脳研究が面白い│』(97年、東京教育情報センター)、『ペットと暮らす行動学と関係学』(2000年、アドスリー)他。

2001年12月号掲載


学習によって生れるオリジナルのラブソング

──言語がどのようにして生れたのかというのは、ヒトの進化を考える上で最も興味深いテーマの1つであり、最も困難な課題の1つでもあると伺っています。そのような中で、先生はジュウシマツの歌文法から言語の起源を考えるという、まったく新しいアプローチをされていらっしゃいますね。

岡ノ谷 言語を持つのは地球上でヒトだけですから、他の動物と比較して、それがどのように進化してきたかを知ることはできません。それに、当り前ですが言葉には形がない。物質的なアプローチをするには、せいぜい人体や脳の化石に頼るしかない訳です。でも、だからといってあきらめてしまってはどうしようもありません。視点を変えれば、言語の起源を生物学的に研究することは可能です。

私が研究しているジュウシマツの歌には、ヒトの言葉と同じように音の並びに規則性があるのですが、その仕組みや発達の過程を探ることで、言語の起源が見えてくると考えています。

──小鳥の歌に手掛りがあるとは、なかなか面白いですね。しかし、私などはスズメの「チュンチュン」という鳴き声を聞いていても、文法があるとは思えないのですが…。

岡ノ谷 あれは「地鳴き」と呼ばれるものです。小鳥の鳴き声は「地鳴き」と「歌」に分けられるのですが、短いもので2秒程度、長いものでは数10秒続く「さえずり」のことを「歌」といいます。ウグイスでいうと、「ホーホケキョ」は「歌」で「チャッチャッ」という普段出している声が「地鳴き」です。

──どんな時にうたうのですか?

岡ノ谷 求愛の時と、縄張りをアピールする時です。ジュウシマツのオスは縄張りを持たないため、求愛の歌のみをうたいます。

──「アイラブユー」を伝えるためだけにうたうとは、洒落ていますね(笑)。その歌に人間と同じような文法があるんですか?

岡ノ谷 そうなんです。小鳥の歌はヒトの言語と同じように、いくつかの音素の並びからできていて、その音素を一定の基準で組み合せてうたっています。

ジュウシマツは8種類ほどの音素を持っているのですが、その組合せが特に複雑で、うたう度に異なる配列をとります。

例えば下図のジュウシマツの場合、aからgまでの7つの音素を組み合せて、ab、cde、fgという3つの“単語”を構成していますが、これらの単語が特定の文法で配列され、1つの歌になります。

あるジュウシマツの歌を分析し、横軸に時間、縦軸に周波数で表すと上段のようなパターンに。この分析を120秒分行なうと、下段のような文法構造があることが分った
あるジュウシマツの歌を分析し、横軸に時間、縦軸に周波数で表すと上段のようなパターンに。この分析を120秒分行なうと、下段のような文法構造があることが分った

──どのジュウシマツも同じ歌をうたうのですか?

岡ノ谷 いいえ。音素や単語、文法は個体ごとに全く違います。それぞれが自分だけのオリジナルソングを持っている、という訳です。

──それは生れた時から、すでに持っているものなんですか?

岡ノ谷 そう思われがちなのですが、実はヒナから成鳥になる間に、学習によって獲得されるものなんです。ジュウシマツの歌の学習には2段階あって、まず第1段階は親鳥などの成熟した歌を聴いて、自分の歌の手本となる歌や発声のモデルを造る。そして第2段階で、実際にでたらめな歌をうたってみて、第1段階で造ったモデルと自分の歌の誤差を修正します。生後35日くらいからうたい始めるようになって、安定した歌になるのは生後120日くらいです。

──ということは、自分の耳で聞きながら音を調節していると?

岡ノ谷 はい。ですから歌が完成する前に聴覚を失ったり、他種に育てられたりすると、本来の歌をうたえなくなります。このように音声自体を学習する動物は、地球上にジュウシマツなどの小鳥とヒトと鯨しか存在しません。

──あんなに小さい生き物なのに、そんな能力があるなんて、驚きですね。

岡ノ谷 そうでしょう! ほ乳類に比べて、ものすごく知能が劣っていると思われていたのではないですか? 小鳥の脳には、一般に知恵の部分とされる大脳皮質がないため、あまり賢くない動物と考えられてきましたが、その分大脳に神経細胞がぎっちり集まっているんです。

──いやいや、大変失礼いたしました(笑)。


複雑な歌ほどメスを惹きつける!

──先生は、どうしてジュウシマツの歌を研究しようと思われたのですか?

岡ノ谷 大学を卒業した後、アメリカでカナリアやキンカチョウといった小鳥の聴覚の研究をしていました。その後日本に帰ってきて、さて次はどんな研究をしようかと考えていたときに、ふと昔読んだ「雨の動物園 私の博物誌」(舟崎克彦著、角川文庫)という本を思い出したんです。その中で、登場人物がキンカチョウとジュウシマツを掛け合せる実験をしていたのを思い出して、キンカチョウはもうやったから、じゃあ今度はジュウシマツをやってみようと思ったのです。

──意外なところから研究テーマが生れるものなんですね(笑)。

それにしても、ジュウシマツは昔からペットとして人気がありますが、いつ頃から人に飼われるようになったのですか?

岡ノ谷 実は、ジュウシマツはもともと、コシジロキンパラという野生種でした。約250前に、長崎の大名がインドからコシジロキンパラを輸入して、ペットとして飼い慣らしたのです。その子育て上手な形質が好まれ、盛んにブリーディングされた結果、現在のジュウシマツになりました。原種のコシジロキンパラは現在も東南アジアを中心に生息しています。

ジュウシマツの原種は南アジアに生息するコシジロキンパラ。約250年前に日本に輸入された後、白地にぶちの変異があらわれた。上はキンカチョウ(左2羽)を育てているジュウシマツ(右2羽)
ジュウシマツの原種は南アジアに生息するコシジロキンパラ。約250年前に日本に輸入された後、白地にぶちの変異があらわれた。上はキンカチョウ(左2羽)を育てているジュウシマツ(右2羽)

──コシジロキンパラも、ジュウシマツのように複雑な歌をうたうのですか?

岡ノ谷 それが面白いことに、コシジロキンパラの歌は極めて単純なんです。ジュウシマツと同じ8つ程の音素を持っていますが、いつもまったく同じ順番で歌います。

──本来同じ種であるのに、どうしてそれほど異なるものに?

岡ノ谷 1つの答えとして、性淘汰と呼ばれるメカニズムが考えられます。鳥に限らず有性生殖をする生物の場合、オスに比べて生殖にかけるコストが高くなるメスは、より優れたオスを見極めようとします。このため、オスは自分をより高くアピールする装飾を進化させた。クジャクの尾の飾り羽根も、こうした過程で生れたと考えられています。

──ジュウシマツの場合、その装飾が歌だったわけですね。

岡ノ谷 ええ。それを確かめるために、ジュウシマツのメスに複雑な歌と単純な歌を聴かせて生殖行動を調べてみたところ、複雑な歌を聴いたグループの方が、産卵までの日数が半分で済みました。卵の個数を調べる実験でも、複雑な歌を聴いた方が多かった。

──どうして複雑な歌が生殖行動を刺激するのですか?

岡ノ谷 歌をうたっていると天敵に見付かりやすいし、うたうための神経回路を維持するには脳のスペースを必要とします。それにもかかわらずうたっている個体は、生存力が強い個体ということになり、メスを惹きつけるのです。この考え方は「ハンディキャップの原理」といわれています。

ジュウシマツのオスの脳にある歌の制御回路。
歌を直接制御するのに必要な神経核()や歌の学習に必要な神経核()などが明らかになっている"

面白いことに、オスが単純な歌しかうたわないコシジロキンパラでも、メスはより複雑な歌を好みました。

──では、なぜコシジロキンパラの歌は複雑にならなかったのですか?

岡ノ谷 野生種であるコシジロキンパラにとって、そのようなハンディキャップには限界があります。人間に飼育されるようになり、捕食者からの危険がなくなったジュウシマツだからこそ、可能な進化だったのです。

──人間がジュウシマツという種を作り出し、さらにその歌にまで影響を与えていたとは驚きました。

岡ノ谷 さらに、恐らく卵をたくさん産むツガイを好んだ人間が、知らず知らずのうちに、複雑な歌をうたうオス達を選んでいったとも考えられます。卵をたくさん産むメスの旦那は、複雑な歌をうたうオスでしょうからね。仕組みとしては性淘汰ですが、人間によってそれが早まったというわけです。


ヒトの言語も求愛行動がきっかけで生れた?!

──ジュウシマツの歌は、わずか250年ほどの間にこれほど進化したということですが、ではヒトの言語はどのようにして生れ、進化してきたのでしょうか?

岡ノ谷 小鳥が性淘汰を通して複雑な歌をうたうようになったとすると、同様の文法構造を持つ私達にも、同じことが当てはまるのではないかと考えられます。

──といいますと?

岡ノ谷 複雑な音のつながりを好む傾向が私達の祖先にもあって、音声による求愛行動が複雑化していき、それが今のような言語に発達したのではないかということです。

ヒトの言語には、音声を一定の規則で組み合せるという「文法」があること、さらにそれぞれの単語や文章が「意味」を持つという特色があります。言語を「文法」と「意味」に分けて考えたときに、「文法」はジュウシマツの歌と同様、相手を惹きつけるための歌(あるいは踊りなど)をコントロールする能力が複雑化して、身に付いたと考えられます。

──その「文法」に、「意味」はどのように組み込まれていったのですか?

岡ノ谷 言語の起源についての仮説のほとんどは、意味と記号(音素や単語)を対応させる能力がまず進化し、次に記号を組み合せる能力、つまり文法が進化したとしています。これに対し、意味と文法はまったく独自に進化し、それがあるとき結びついて突然言語ができたのだとするのが私の仮説です。文法構造を持つところまで脳が発達して、そこに音声による意味の記号化が起こった。それらが突然、ポンと結び付いたのではないでしょうか。

──とすると、言語の成立は、ある程度ヒトが進化してからということになりますね。

岡ノ谷 ひょっとしたら、今から5万年くらい前かもしれません。

──地球の歴史から考えれば“つい最近”という感じですね。

岡ノ谷 そうですね。よく、言語があったから天敵から身を守ることができ、狩猟が上手くいくようになった──という説を聞きますが、私は逆に、狩猟が上手くいくようになって、動物から襲われる心配も飢える心配もなくなり、生活に余裕ができてきた。だから、求愛に音声が使われるようになったのではないかと思います。チンパンジーのように、言語を持たなくても複雑な行動や社会を持っている動物がいることを考えると、太古の昔、言語は生きていく上で、必ずしも必要なものではなかったのではないでしょうか。

──なるほど。そう考えると、言語の起源についてますます研究の幅が広がりますね。それにしても、ジュウシマツの歌からここまで言語のルーツに迫れるとは、思ってもいませんでした。今後のご研究も楽しみにしております。

本日はありがとうございました。


近著紹介
『新しく脳を科学する 動物・鳥・魚・昆虫そして人間の脳研究が面白い』(東京教育情報センター)

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ