こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞

21世紀に地球全体の気温が上がれば 西南日本では干ばつの頻度が多くなるかもしれません。

日本は「風の国」

愛知大学文学部教授

吉野 正敏 氏

よしの まさとし

吉野 正敏

1928年東京生れ。51年、東京文理科大学地学科卒業。学生時代から「風」に興味を持ち、微気象学的な風の構造、小地形と風の関係、都市の風、局地風が農業や植生に及ぼす影響、成層圏の風の気候学、等々、40年余にわたって世界各地で観測と研究を続けている。主な著書は『Climate in a Small Area』(1975年東京大学出版会)、『気候学』(1978年、大明堂)、『世界の気候・日本の気候』(1979年、朝倉書店)、『新版小気候』(1987年、地人書館)、『風の世界』(1989年、東京大学出版会)−写真。日本学術会議会員、国際地理学連合副会長。環境問題との関わりも深く、最近は大学での講義の他、国内外の各種会議への出席等、多忙の毎日を送っている。

1993年8月号掲載


狭い農地で収穫を上げるため"風"の研究を始めた

──先生が“風”の研究を始められたきっかけは何ですか。

吉野 学生時代、戦後の昭和20年代ですが、食料が足りなくて、狭い農地でもできるだけ多くの収穫を上げなくてはならないという時代に、盆地等の気候に興味を持ちまして研究を始めたのがきっかけです。

例えば、京都や高山の盆地などでは、春になっても明け方の冷え込みが強く、霜が降りたりしますね。盆地の底には、明け方に冷たい空気が溜ってしまうんです。そのため霜の害などで、農作物に影響が出たりします。しかし、日中は逆に暖かくなります。また、同じ盆地でも谷底と斜面とではずんぶん違います。しかも、その冷え方や日中の温度の上がり方は、風があるかないかによってものすごく違うんです。

この現象は、ちょうどお風呂のお湯と同じです。お湯を一晩入れたままにしておくと、翌朝、上の方は暖かいが、下の方は冷たいですね。冷たいものは比重が大きく重いですから、空気でも水でも底の方に冷たいものが溜るんです。

──すると、風が吹くということは、お湯をかき回すことと同じわけですね。よく茶畑などでプロペラが回っているのもそのためなんですね。

吉野 ええ。あれもそうです。

ご存じのように、気候を組み立てているものには、風の他に気温や降水量があります。そして気温や雨については昔から研究が進んでいますが、風については遅れていまして「どういう風の吹き回しか・・・」などと、わからない、不思議な現象を言い表す言葉にも使われるほどに捉えどころのない分野でした。

──未知の分野だっただけに、おもしろいテーマがいくらでもあったということですね。


日本は「風の国」なのに科学的な研究は遅れている

──先生の今のメインテーマは「局地風」の研究ということですが・・・。

吉野 日本は、季節風帯に位置していまして、四季を特徴づける風も吹きますし、複雑な地形のために局地的な強風も吹きます。いわば「風の国」とも言えるわけです。例えば、同じ関東平野の中でも風の強いところと弱いところがありますし、一般に谷から平野に出たところは風が廻りますし、海岸も風がよく吹きます。

そういう「風」は土地の人たちの生活に大きな影響を与えるわけで、関心も大きく、名前まで付いたりしているんです。しかし、その科学的な研究−−例えば塩分を含んだ海から吹く風が、海岸からどのくらい入ったら、家や車を傷めない程度のものになるのか、といったような研究はもともとあまり進んでいなかったんです。

──なるほど、それで先生が本格的に取り組まれたわけですね。確かに、著書の「風に世界」を拝読して驚いたのは「○○風」とか「○○おろし」という地域独特の風の名称が日本各地に、ものすごくたくさんあるということです。それなのに、あまり研究が進んでいなかったということですね。今ではどうですか。

吉野 気象庁のアメダスが、全国に1,300くらい設置されていまして、数キロごとに観測しております。しかし、気象庁は、天気予報をやるのが主な目的で、局地風といったようなローカルな研究までは、人間の生活に関係が深いとはいえ、なかなか手がとどかないのです。

──アメリカなど、外国ではどうでしょうか。

吉野 世界的にみてもこのような研究をやれる国はありませんし、アメリカもこれにはあまり興味を持ってません。

──どうしてですか。

吉野 先ほども申しましたように、日本の地形は複雑で、箱庭的に山や谷や入り組んだ海岸線があって、かなり局地性があるんですが、アメリカあたりは、それに比べたら真っ平らみたいなものですし、人が狭いところにたくさん住んだりしていないからです。

──なるほど。そういう意味では、この研究は日本独自の分野でもあり、世界の最先端をいっているとも言えますね。そして、まだまだ研究テーマがあふれている・・・。


亜熱帯高気圧が台風の進路のカギを握る

──ところで、そろそろ台風のシーズンがやってきますので、この機会に、台風とは何なのか、ぜひお伺いしたいんです。まず、台風はどうやって発生するんですか。

吉野 台風は、熱帯で生まれた渦です。まず、海面の温度が高くなり、上空に冷たい空気が入ってきて温度差が大きくなると、いわゆる対流が起こってくる。これが台風の卵になるわけです。

──地域的には、どの辺で発生するんでしょうか。

吉野 北半球の、日本と関わりのある台風ということで説明しますと、赤道から少し北の熱帯地方に発生します。赤道直下は高緯度地方から冷たい空気が入って来ないので、強い対流が起こりにくい。だから台風は発生しないんです。

──その卵は、どんなふうに台風に成長していくんでしょうか。

吉野 例えば川の中に何かきっかけがあって小さな渦ができますと、大きな流れの中で、その渦が流されながら大きくなっていくことがありますね。それと同じ仕組みでして、最初発生した小さな対流が、流されながら、海面からエネルギーをもらってだんだん大きくなっていくんです。

──そのエネルギーは何なんですか。

吉野 太陽のエネルギーで海面が熱せられ、上空の冷たい空気との間に対流が起こりますね。海の水が水蒸気になって上昇していく、そして水滴(雨)になるときエネルギー(潜熱)を出すんです。そのエネルギーを自分自身がもらって大きくなるんです。

──大きくなりながら、どこに流されていくんでしょうか。

吉野 熱帯より少し高緯度側に亜熱帯高気圧があり、その南側は東風が吹いているんですが、台風は最初、その東風によって、西の方に流されていきます。フィリピンの方向ですね。通常、6月から8月にかけての台風は、亜熱帯高気圧の勢力が強いため、フィリピンからそのまま中国大陸に進んで、上陸すると消えてしまいます。

それが季節が進んで、8月、9月頃になってきますと、亜熱帯高気圧はだんだん勢力が弱くなって小さくなりますから、台風はそれに沿って、つまりその縁を回ってくるようになる。そうすると、その縁を回った北側は逆に西風が吹いており、それにあおられることになるのです。

──すると、台風が日本に来るか、来ないかというのは、そのあたりで決るんですね。

吉野 ええ、そうです。その高気圧の形、位置、大きさに関係しています。西の方まで張り出していれば、朝鮮半島や中国大陸の方へそのまま行ってしまう。すごく小さくなっていれば、小笠原のあたりでクルッと回って東の海上に去って行ってしまうこともあります。

──予想は難しいんですか。

吉野 そうですね。九州に来るか、東海道あたりに来るか、というのは北半球の大きさから考えれば本当に小さなことなので、それが台風の予想の難しいところです。


地球温暖化で台風も変わる?

──ところで、21世紀には地球の気温が数度上がると言われていますが、台風に与える影響についてはどうなんでしょうか。

吉野 結論から申しますと、変わることは間違いないのですが、どう変わるのか、正確には分からないというのが正しいんです。

最近、大型コンピュータを使って計算した人がいるんですが、非常に強い台風が数少なく発生するようになるんだろうと予測しました。

しかし、熱帯低気圧の発生する場所も、数も、経路も分からないし、亜熱帯高気圧が今より大きくなるのか、小さくなるのか、北へずれるのかによっても、全然違ってきます。

──台風以外の他の気象への影響もあるんでしょうね。

吉野 確かに、地球全体の気温が上昇すれば、赤道地域も熱帯も拡がるので、亜熱帯高気圧は平均的には北へずれるだろうと言われています。今、沖縄あたりが時々亜熱帯高気圧におおわれて干ばつがひどいのですが、それがもしも北に上がったら、西南日本は干ばつの頻度が多くなるかもしれません。

暖かくなるからいいじゃないか、冷房を入れればいいと言われるかもしれませんが、夏、温度が1度上がれば、電力はパンクするでしょうね。

──干ばつになれば、水力発電も当然ダメでしょうしね。

吉野 火力だと環境汚染が一層進行しますし、原子力は急に答えが出せない。どうするんでしょうか。

──あまり長生きしたくなくなってきますね(笑)。

21世紀はもう間近です。他人事ではなく、自分や自分の子孫が生きていく環境づくりは、もうちょっとピッチを上げたほうがいいですね。

ありがとうございました。



賃貸不動産マンションのことならアットホーム。