こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

ニワトリは紀元前から 日の出の前に、鳴いているんです

「コケコッコー」の仕組みを解明

東京農工大学農学部准教授

新村 毅 氏

しんむら つよし

新村 毅

1981年生まれ。2009年3月麻布大学大学院博士後期課程修了(特例による早期修了)。07年4月日本学術振興会特別研究員DC1(麻布大学)、09年4月同PD(名古屋大学)、13年6月基礎生物学研究所特任助教、16年11月より東京農工大学農学部准教授(日本学術振興会卓越研究員)に就任。

2017年1月号掲載


照明を調整しながら、コケコッコーのリズムを観察

──先生は動物行動学がご専門ですが、中でもニワトリが夜明け前に「コケコッコー」と鳴いて時を告げる仕組みを明らかになさったそうで、大変興味を持ちました。今年は酉年ということで、今回はぜひニワトリを中心にお話を伺いたいと思います。ところで、そもそもなぜ先生はニワトリに興味を持たれたのですか?

新村 私は子どものときの夢が「ドリトル先生」、動物と話せるお医者さんになることで、実は今でも本気で動物と会話したいと考えています。そのために動物の発声やコミュニケーションについて研究しています。その研究対象として最適なのがニワトリだったのです。

──なるほど。確かにニワトリはわれわれの身近にいますし、鳴き声も分かりやすいですね。
でも、ニワトリが鳴くのは単に明るくなるからだと思っていましたが…。

新村 そう思っている方は多いと思いますが、ニワトリは昔からある時刻になるとたとえ真っ暗でも「コケコッコー」と鳴くのです。

──「夜をこめて鳥の空音は謀るとも、世に逢坂の関は許さじ」という清少納言の歌がありますが、ニワトリは明るくなくても鳴くんですね。

新村 はい。むしろ夜明け前の暗いうちに鳴きます。古くはインダス文明(紀元前2600〜1800年)の時代から、ニワトリが時計代わりに利用されていたと言われるほどで、世界中でよく知られた性質です。

ニワトリは、古くはインダス文明の時代から時計代わりに利用されていた〈写真提供:新村毅氏〉

──先生は、その研究でアメリカの科学雑誌『カレント・バイオロジー』などにも論文が掲載されたそうですね。具体的にはどういう研究だったのですか?


1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ