こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

尿1滴でがんを検知。 線虫の優れた嗅覚を使った最新医療に挑む

線虫ががんのにおいを嗅ぎ分ける?

九州大学大学院理学研究院助教

廣津 崇亮 氏

ひろつ たかあき

廣津 崇亮

1972年山口県生まれ。97年東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻修士課程修了、2001年同博士課程修了、理学博士。01年〜03年日本学術振興会特別研究員(東京大学遺伝子実験施設)、04年京都大学大学院生命科学研究科ポスドク研究員、05年より現職。02年井上研究奨励賞受賞(井上科学振興財団)。

2016年11月号掲載


深海から高い山の上まで1億種超。線虫とは、細い糸状の生物

──先生は2013年に「線虫」が人間の尿に含まれるがんのにおいを嗅ぎ分けることを発見され、昨年アメリカの科学誌に論文を発表されたことで、メディアに大きく取り上げられ大変話題になりましたね。尿1滴でがん検査ができるかもしれないとのことで、ぜひその仕組みについてお話を伺いたいのですが、その前に、まず線虫とはどんな生き物なのかを教えてください。

廣津 線虫は、一説によれば1億種を超えるとも言われているほどたくさんいる細い糸状の生物の総称です。深海から高い山の上まで地球上のさまざまな場所に生息しており、例えば人間の体に寄生する回虫なども線虫の1種です。一般の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、実は、基礎研究に使うラットやハエなどと同じで、生物研究ではメジャーな生物なんですよ。今回のがん研究では、線虫のモデル生物で飼育が容易な「Cエレガンス」という種を使っています。土の中に生息している1伉度の大きさの線虫です。

線虫のモデル生物「Cエレガンス」イメージ。成虫1匹が一度に100〜300個の卵を産み、4日間で成虫になるため飼育コストがほとんどかからない。寿命は20日間で凍結保存もできる〈写真提供:廣津崇亮氏〉

──1弌 そんなに小さいものが、においを嗅ぎ分けるというすごい能力を持っているとは驚きですね。

廣津 そうなんです。線虫は嗅覚が非常に優れている生物なんです。においは、空間に漂うにおいの成分を、受容体という分子がキャッチすることで感じるのですが、このCエレガンスという線虫は、その受容体の数が人間の約3倍、犬の1.5倍あります。それだけたくさんのにおいを識別できるということです。

95%の確率で、がん特有のにおいを嗅ぎ分ける

──では、どうして「がんのにおい」を嗅ぎ分ける研究に取り組まれたのですか?


1 / 2 / 3 / 4     次へ

メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ