こだわりアカデミー

こだわりアカデミー

本対談記事は、アットホーム(株)が全国の加盟不動産会社に向け発行している機関紙「at home time」に毎号掲載の同名コーナーの中から抜粋して公開しています。宇宙科学から遺伝子学、生物学、哲学、心理学、歴史学、文学、果ては環境問題 etc.まで、さまざまな学術分野の第一人者が語る最先端トピックや研究裏話あれこれ・・・。お忙しい毎日とは思いますが、たまにはお仕事・勉学を離れ、この「こだわりアカデミー」にお立ち寄り下さい。インタビュアーはアットホーム社長・松村文衞。1990年から毎月1回のペースでインタビューを続けています。
聞き手:アットホーム株式会社 代表取締役 松村文衞
MENU閉じる

托卵について研究していると 動物の進化が確認できるんです。

カッコウとオナガの闘い−托卵に見る進化

信州大学教育学部教授

中村 浩志 氏

なかむら ひろし

中村 浩志

1947年長野県生れ。信州大学教育学部卒業。京都大学大学院博士課程修了。信州大学教育学部助手、助教授を経て、昨年3月教授に就任。理学博士。今まで、カワラヒワ、ブッポウソウ、オオジシギなどさまざまな鳥の生態を研究している。カッコウが日本にいるのは2か月半ということで、調査も短期決戦、カッコウが渡ってくると体重も次第に減ってくるとか。今年7月にアリューシャン列島の調査隊に加わり1か月間滞在、9月にはスペインで開催された国際行動学会に出席、第二回目の托卵鳥の国際会議を開くなど、多忙な毎日を送っている。カッコウとオナガについての研究は「アニマ」(平凡社、92年6月号)に掲載されている。

1993年11月号掲載


他の鳥に子育てさせるしたたかなカッコウ

──子供の頃に、ホトトギスが自分の卵を他の鳥の巣に産んで子育てを任せてしまう、と聞いた時には本当かなと思ったものです。先生はそういう托卵する鳥、中でもカッコウの研究をされているそうですが、托卵というのは動物の進化のうえからみても大変不思議な話ですね。

中村 鳥の子育てというのは卵を温め雛を育ててと、ものすごく大変なんです。そんな大変な子育てを自分でしないで他の鳥にやらせるというのは、ずる賢さの極みなわけです。

ところがわれわれ研究者にとっては、そこがたまらない魅力なんです。人間の社会同様、生き物の世界でもそういうずる賢い仕組みは社会から排除されることになっています。それにもかかわらず、托卵というしたたかな仕組みがなぜ進化し得たのか、そこに魅力を感じて、今からちょうど10年前にカッコウの本格的な調査を始めました。

──日本での托卵の研究は、今世界的に注目されているということですが・・・。

中村 それは、進化の事実を今われわれが目の前で確認できるというチャンスに恵まれたからなんです。

生物の進化というのは、変る時には短時間で大きく変ってしまい、後は安定の時期に入ります。今われわれが目にできる生物の姿はほとんどが安定している状態で、動物の形態なり行動が、目の前で、時間とともに変化している状態に出会えるケースというのは、非常に少ないんです。カッコウの場合、われわれは偶然オナガへの托卵開始というまたとないチャンスに巡り合ったわけです。

──それはどういうことですか。

中村 カッコウはいろいろな鳥に托卵しているんですが、オナガへの托卵は今から20年、早くても25年くらい前に始まったばかりなんです。というのも、カッコウはもともと高原の鳥でしたし、オナガは平地で生活していたので、その分布が重ならなかったからです。ところがどういうわけか、今から30年ぐらい前からオナガは高原へ、カッコウは平地へと生活場所を拡大し、両者の分布が重なった結果、オナガへの托卵が始まったのです。

※托卵・・・自分ではいっさい子育てをせず、他の鳥の巣に産卵し、抱卵から育雛まで子育てのすべてを任せてしまうこと。日本では托卵習性を持つ鳥はカッコウ、ホトトギス、ツツドリ、ジューイチの4種類。いずれも夏に、托卵のためだけに訪れ、それが終ると南に帰ってしまう。
托卵の仕方は巧妙で、托卵をする鳥は産卵中の宿主の巣から卵を1個抜きとった後、自分の卵を1個産み込む。産み込まれた卵は宿主のヒナより1日か2日前に孵化し、宿主の卵を背中のくぼみにのせ、すべて巣の外に放り出してしまう。こうして巣を独占したヒナは宿主の世話を一身に集めて育てられる。


托卵された鳥も次第に対抗手段を・・・

──進化の現場という話では、次にどうなるんでしょうか。

中村 昔からカッコウに托卵される鳥は、カッコウが巣に近づいたら猛烈に攻撃するとか、カッコウが自分の巣に卵を産み込んだら、自分の卵と区別してカッコウの卵を放り出してしまうとか、対抗手段を持っているんです。ところが、オナガはこれまで托卵された経験がありませんから、一方的に被害をこうむってしまう。地域によっては托卵が始まって5年から10年で、オナガの巣の8割がカッコウに托卵されているわけです。

──当然オナガは減ってしまいますね。

中村 巣に産み込まれたカッコウの卵は、宿主であるオナガの卵よりも1日か2日前に孵化して、巣の中にある卵や雛を背中にかついで全部巣の外に放り出してしまいます。ですからそのままにしておくと、オナガは自分の子供を残すチャンスが全くなくなってしまう。実際、以前に比べて5分の1とか、ひどい所では10分の1に減ってしまっています。

──そのまま放っておくとどうなってしまうんですか。

中村 放っておけばオナガは絶滅してしまうんですが、調べてみたら、托卵され始めて10年ぐらいたつと、オナガのほうも次第に対抗手段を確立していることが分かったんです。

まず、カッコウの剥製をオナガの巣の前に置いて、オナガがどの程度攻撃するか実験してみると、托卵が始まって10年以内の地域ではほとんど剥製に対して攻撃しませんが、托卵歴の長い地域ほど攻撃性が強いことが分かりました。

──オナガはだいたいどのくらい生きるんですか。

中村 平均して2年、長くて5年くらいです。

──すると、もう完全に世代交代していて、個体の学習というよりは、遺伝的なものと考えられるのでしょうか。

中村 両方だと思います。カッコウは托卵する時に、巣の中の卵を1個くわえてそのあと素早く自分の卵を1個産み込むんですが、群れで生活しているオナガは当然そういうところを見ていますから、個体の学習というだけでなく、オナガ社会の文化として定着していくことになります。また、攻撃性の強い個体ほど托卵を避けることができますから、遺伝的にも選別されていくことになります。

カッコウの研究でおもしろいのは、オナガが、攻撃性という対抗手段だけでなく、卵識別能力を非常に短い間に獲得してきた点です。

小さめの茶色の卵がカッコウの卵(千曲川にて、オナガに托卵)
小さめの茶色の卵がカッコウの卵
(千曲川にて、オナガに托卵)

カッコウの卵は雌によって少しずつ模様などが違っていて大きな変異があるんですが、オナガは最初どんなカッコウの卵も全部受け入れていたんです。ところが10年を経過した頃から、自分の卵とカッコウの卵を区別して放り出すオナガが出てきました。そこで、どういうカッコウの卵が放り出されるのかを調べてみましたら、小型だったり、オナガの卵にはない綿模様のたくさんある卵ほど放り出されている。つまり、自分の卵に似ている卵は受け入れ、似ていない卵は受け入れていないんです。

オナガは卵を識別できないと自分の子孫を残せませんし、逆にカッコウはオナガに受け入れてもらえる卵を産むことでしか子孫を残せない。ですから、このように自然選択が強く働くようになると、カッコウの卵は、今はオナガの卵に似ていなくても、10年、20年、あるいは50年という短い間に、次第に似てくるのではないかと思います。

──私たちが現実に見ている中で、こんな変化が起こっているなんてとてもおもしろいですね。


大きさ、模様まで相手の卵そっくりに

中村 そこで不思議なのは、カッコウの卵の模様なんです。カッコウが今托卵しているのは、オナガの他にオオヨシキリ、モズなどですが、モズもオオヨシキリも卵には綿模様がありませんし、やはり綿模様の多いカッコウの卵を嫌っています。ではなぜ現在不利な綿模様を持つカッコウの卵がこんなにたくさんあるのか、非常に不思議です。そこで江戸時代の文献を調べてみました。すると、その頃本州中部のカッコウは、ホオジロに托卵していたと書かれているんです。ホオジロの卵は綿模様が非常に目立つ卵です。実際、その頃ホオジロに托卵していたカッコウの卵を見ると、ホオジロにそっくりのカッコウの卵がたくさんあります。

──その名残なんですね。最近ではカッコウはホオジロに托卵していないんですか。

中村 ほとんどしていません。そこで粘土でカッコウの卵に似せた卵をつくり、いろいろな鳥の巣に入れて実験してみました。その結果、ホオジロの卵識別能力が最も高いことが分かったんです。ホオジロの巣の中にその似せてつくった卵を入れると、ほとんど30分以内に放り出されてしまいます。

カッコウの雛にエサをやるオオヨシキリ
カッコウの雛にエサをやるオオヨシキリ

かつてホオジロはさんざんカッコウに托卵されていて、その時代にカッコウはホオジロの卵そっくりの卵を産む段階にまで達したんです。ところが、ホオジロのほうが高い卵識別能力を獲得したために、カッコウは托卵できなくなってしまい、オオヨシキリとかモズとかに相手を乗り換えたわけです。

──托卵する側とされる側が互いの生存をかけて進化競争を繰り広げているんですね。それにしても生命の力というのはすごいですね。カッコウも今や托卵という方法でしか生き残っていく道はないし、一方、托卵される鳥も自分の子孫を残すためにそれに対抗しているわけですね。

中村 ええ。ですから私は最近、カッコウは決してずる賢くないと思うようになりました。おそらくカッコウの祖先は楽しようと思って托卵を始めたんでしょうが、それがうまくいってしまったために、その能力のよりすぐれたものが、自然選択により生き残ったんでしょう。進化というのは中途半端ではだめで、托卵のやり方をより精巧に進化させていった成功者が、カッコウだったわけです。

托卵という仕組みは、確かに人間の目からみれば非常にずる賢くみえます。けれども、もっと客観的にみると、カッコウの自分で子育てをしないやり方は、いいとか悪いとかの問題ではなく、生物の進化が生み出した一つの生き方で、極めて特殊な、成功した子育ての仕方だといえます。

──生存競争に勝ち残るために進化が起こる。今日のお話はその身近な例ですね。しかも、環境の変化や強い競争相手の出現などで進化のスピードが速まり、10年、20年という単位で変化していくというのは驚きでした。つまり、こうした圧力こそが進化を起こすための原動力であり、人間や人間社会の「進化」のうえでも必要なものなのかもしれません。その意味では、今日の景気低迷なども私たちの進化を促す原動力であって、そこでうまく変化し得た適者だけが生き残り、次なるステップに進めるのかもしれませんね。今日はお忙しいところどうもありがとうございました。



メールマガジン アンケート

サイト内検索

  

不動産総合情報サイト「アットホーム」 『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル 動画コンテンツ